ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

トム・ハーディ、映画『Fonzo(原題)』にアル・カポネ役で出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカン・フィルム・マーケット(AFM)を目前に控え、映画『クロニクル』を手掛けたジョシュ・トランク監督が自身の脚本をベースに手掛ける映画『Fonzo』の中で、トム・ハーディがギャングスターのアル・カポネを演じることが決まった。

本作品は、ラッセル・アッカーマン、アディクティブ・ピクチャーズのジョン・ショーエンフェルダー、映画『パルプ・フィクション』のプロデューサーであるローレンス・ベンダーらによってプロデュースされる。

『Fonzo(原題)』はプリプロダクションに入っている。ブルームがAFMで11月2日から海外市場への営業を開始し、CAAとWMEが米国内の権利を扱う。

カポネは酒類密造者で、禁酒法時代にシカゴを支配した残虐なギャングスターだった。連邦政府は1931年に脱税の罪でカポネの起訴に成功し、カポネは有罪判決を受け、11年の禁固刑を言い渡された。8年後にカポネは釈放されたが、認知症によって脳が衰え、暴力的で残忍な過去の恐ろしい記憶が彼の覚醒を妨げた状態で、1947年、48歳で死んだ。

ブルームのアレックス・ウォルトンは、「『Fonzo(原題)』は、トム・ハーディとジョシュ・トランクの素晴らしい才能によって、悪名高いアメリカのギャングスターであるアル・カポネの神話と伝説を一つにする作品です」と述べ、「AFMのバイヤーたちに本作を届けることに、気分が高揚しています」と語った。

トランク監督にとって、本作品は『クロニクル』以来のプロジェクトとなる。ハーディはクリストファー・ノーラン監督の映画『Dunkirk(原題)』、リドリー・スコットのプロデュースによる全8話のテレビシリーズ『Taboo(原題)』に出演する。

トランクはWMEとマネージメント360、弁護士のミッチ・スメルキンソンを代理人とし、ハーディはCAAおよびユナイテッド・エージェントのリンディ・キングと代理人としている。このニュースは、Deadline Hollywoodによって最初に報じられた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。