ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松田龍平演じる“インテリぼんくら”おじさんと小4男子のロードムービー!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
1611012

芥川賞作家・北杜夫の同名小説を、『味園ユニバース』『苦役列車』の山下敦弘監督が映画化した『ぼくのおじさん』。

「自分のまわりにいる大人について」というテーマで作文コンクールの宿題を課せられた小学4年生のぼく=春山雪男は、居候の“おじさん”を題材に作文を書くことに。おじさんは大学の非常勤講師だが、哲学を週に1コマ教えているだけ。いつも万年床でぐうたら、超貧乏でケチ、いつもくだらないイタズラで叱られては反省するどころか屁理屈ばかりこねている。そんなある日、おじさんにお見合い話が持ち上がる。乗り気でないおじさんだったが、目の前に現れたハワイの日系4世で絶世の美女・稲葉エリーに一目惚れ! 祖母が経営するコーヒー農園を継ぐためにハワイへ帰ってしまったエリーに会いたい一心で、あの手、この手を駆使してハワイへ行く策を練るのだが――。

ビンボーでケチ、屁理屈ばかりだけど、なぜか憎めない“インテリぼんくら”おじさんを、松田龍平がチャーミングに好演。小4男子&おじさんの凸凹コンビがゆく、恋と冒険の行方とは!? 公開は、11月3日より。

ぼくのおじさん
監督:山下敦弘
出演:松田龍平、大西利空 (子役)、真木よう子、戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎、戸田恵梨香
(2016年/日本)
11月3日(木・祝)より公開
©1972 北杜夫/新潮社
©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
http://www.bokuno-ojisan.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。