ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINDBERG、矢井田瞳、SOLIDEMOが平城宮跡をバックに生ライブ!  

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 LINDBERG、矢井田瞳、SOLIDEMOの3組が、10月30日に奈良市 平城京跡 第一次大極殿前特設ステージで行われるイベント【平城京天平祭 FM OSAKA Dramatic LIVE】に出演し、生ライブを披露した。
 トップバッターを飾ったのは、メンバー全員の身長が180センチ以上のSOLIDEMO。メンバーが登場すると、さっそく最新シングル「Orange」を含めたスペシャルメドレーを披露。爽やかな白のジャケットが眩しく、8人で魅せるフォーメーションダンスに目が離せない。カバー曲「上を向いて歩こう」ではアカペラで厚いハーモニーを響かせ、実力を発揮した。秋晴れの日差しを味方につけ、この平城京をバックに彼ら自身も楽しんでいる姿が印象的だった。
 「晴れて気持ちいいね~」と登場した矢井田瞳。コンガのサウンドと共に「Ring my bell」でこのステージに彩りを添えた。ハンドマイクに持ち替え「Over the distance」を熱唱。ピアノと彼女の透き通った歌声はスッと耳に馴染んでいく。大阪府出身の彼女にとって奈良もホームタウンのひとつで、オーディエンスを見事に惹きつける。「思い出深い、楽しいライブになりました」と最後に「Circle」を披露し、ステージを後にした。
 トリを務めたのは、2014年に再活動となったLINDBERG。「Over The Top」や「恋をしようよ Yeah! Yeah!」など往年のロックサウンドで会場を沸かせつつ、渡瀬マキの絶妙なトークに笑みがこぼれる。「もっと愛しあいましょ」ではオーディエンスと共に踊る場面も。全5曲を演奏し、アンコールでは矢井田瞳を呼び込んで「今すぐKiss Me」を熱唱し、最絶頂の盛り上がりをみせた。最後は渡瀬が持参した自撮り棒でオーディエンスをバックに記念撮影をし、和やかな雰囲気で【平城京天平祭 FM OSAKA Dramatic LIVE】が幕を降ろした。
◎イベント概要
【平城京天平祭FM OSAKA Dramatic LIVE】
日時:10月30日(日) <終了>
会場:奈良市 平城京跡 第一次大極殿前特設ステージ
出演:SOLIDEMO、矢井田瞳、LINDBERG(五十音順)
MC:赤松悠実(FM OSAKA DJ)
観覧:無料

関連記事リンク(外部サイト)

矢井田瞳、【関空旅博2016】でスペシャルトーク&ライブ「すごい人!びっくりした」
柴咲コウ、12月にビルボードライブ東京・大阪にてアコースティック・ライブを開催
野宮真貴 11/4スタートの東名阪ツアーで話題の「今夜はブギーバック」をカバー 今年のテーマは“サウンドトラック渋谷系”

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP