ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新作をリリースするんだったら、自分たちの好きなようにやりたい。」―サプライズ・リリースした新作を語る、アヴェンジド・セヴンフォールド最新インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 2013年リリースの前作『ヘイル・トゥ・ザ・キング』で、2作連続となる米ビルボード・アルバム・チャート1位を獲得したラウド・ロック/メタル界の代表格バンド=アヴェンジド・セヴンフォールドが、現地時間2016年10月27日に、通算7作目となるスタジオ・アルバム『ザ・ステージ』をサプライズ・リリースした。
 この日、LAのハリウッドに位置するキャピトル・タワー屋上では、バンドによるパフォーマンスがライヴ・ストリーミングが行われるイベントが予定されており、3D、360度のライヴ・ストリーム・ヴァーチャル・リアリティー・パフォーマンスをVRLIVE最新テクノロジーを駆使した最新VR機器“VRTGO”を通じて、世界中のファンに配信された。さらに、バンドは駆け付けたファンと写真を撮るなど、極秘リリースの経緯などを話しながらアルバム・リリースを祝った。
 米ビルボードは、バンドの結成メンバーの一人で、ヴォーカリストのM.シャドウズを直撃。新たなフェーズに突入したバンドやサプライズ・リリースの経緯、ニール・ドグラース・タイソンとコラボした収録曲「Exist」になどについて話を訊いた。
◎なぜニュー・アルバムをサプライズ・リリースしようと思ったのですか?
M.シャドウズ:インターネットが普及した今現在の世の中で、自分たちがどのようにアルバムを聴きたいか、というのを純粋に行動に移したんだ。バンドにとってアルバム・リリースに至るまでに、先行シングルを4曲も公開したり、“パンくず”が多すぎで、時間がかかりすぎる。だからアルバムがリリースされる頃には、全然エキサイティングじゃなくなってるんだ。長年、このやり方に面白味を感じていなかった。
そこで「新作をリリースするんだったら、自分たちの好きなようにやりたい。」って決めた。そうすることによって、曲に対する見解をメディアが邪魔することなく、リスナーが曲と接することができる。「今作が俺たちの最高傑作だ。」とか書いてあるインタビューを読んでからではなく、先入観なく音楽を楽しみ、自分で好きか、嫌いか、判断できる。俺たちは、それが最も純粋に音楽と触れる方法だと思ってるから、今回それを促すことができてエキサイトしている。特に、他のメタルやロック・バンドのよっても、行れたことがない試みだから―レディオヘッドをロック・バンドと定義するのであれば話が別だが。俺は、彼らを自分たちと同じジャンルだとは思っていない。だから、エキサイティングだ。
◎この試みは、音楽自体もフレッシュで、エキサイティングにしましたか?
M.シャドウズ:新作が完成したのは7月だ。これまで感じてきたフィーリングと違うものだとは、言える。通常、俺たちがアルバムをリリースする時、リリースの1週間前にはレビューがあちこちに掲載されて、リスナーも曲を聴いてるから、ある程度ヴァイブはつかめてる―周りの人間から評判は耳に入ってるし、もう何か月間かシングルを聴いている。ラジオで流れてるから。
今回、この試みを行ってみて…今作は俺たちにとって7作目なんだが、こんな風に感じたのは初めてだ。まだ誰もアルバムを聴いていないから、誰の批評も耳にしていない。ラジオでかかり出してからも1週間ぐらいで、すごくエキサイティングだ。とても爽快な気分で、まさにこの感覚を必要としていたんだ。
◎<キャピトル・レコード>は長年の歴史を持つレーベルですが、移籍したことで新たな一章という感じはしますか?
M.シャドウズ:“新しさ”は、キャピトルと契約した以前から、既にスタートしていた。変化を起こそうと思って、(元バッド・レリジョンのドラマー)ブルックス・ワッカーマンに新たなドラマーとして加入してもらった。彼と、新作の制作を2年ほど行ってきた。ジャムったり、色々水面下で進めていた。これがバンドにとって新たなスタートになるというのはわかっていた。グッズ販売、ツアーから曲作りまで、すべてを変えたかった。ブルックスは、その変化において重要なんだ。
そして、アルバムのリリース方法も変えた。自分たちで資金を調達し、レーベル無しでレコーディングした。もし最良なパートナーが見つからなかったら、自主リリースする予定だった。その時、<キャピトル・レコード>が表れ、彼らがその最良なパートナーとなってくれた。<キャピトル>では、ストリングスやホーン・セクションをレコーディングした。あそこは、本当に歴史そのものだ。俺たちがストリングスをレコーディングしている時に、“保管庫”の中からでてきたフランク・シナトラによる新曲がミックスされているのを見ることもできた。信じられないね。
◎ニュー・アルバム収録曲で、ライブで演奏するのを楽しみにしているものはありますか?
M.シャドウズ:ライブ感のあるレコードだから、ファンは特にいい反応をしてくれると思ってる。それに、すごくエネルギッシュでもある。今、ショーの構想を練っているところなんだ―さっき話したように、すべて一新するつもりなんだ。パイロを使った、ありきたりなロック・ショーにはならない。これまで俺たちはとてつもなく“ビッグ”なロック・ショーをプレイしてきたが、今回はみんなが使わないようなトリックで、さらにワンランク上のショーを見せたい、と思ってる。
新曲に関しては、4~5曲は速攻セットリストにいれようと思ってる。「Simulation」という曲はとても視覚的で、「God Damn」や「Stage」もいい感じになるんじゃないかな。新作を中心にショーを組み立てていて、過去のアルバムからあまり有名じゃない曲も演奏する予定だ。
◎アーティストととして、そしてクリエイティヴ面において進化し続けているという面で、尊敬する人はいますか?
M.シャドウズ:メタリカは、いい仕事をしてると思うね。いつだって、そこまで有名じゃない曲もプレイしてるし、新境地を開こうと努力している。カニエ・ウェストも才能に長けてると思う。どのツアーもライブ、グッズ、ヴァイブをすべて一新しているし、アルバムもいい。音楽面に関して大好きなのは、ツール、フェイス・ノー・モア、システム・オブ・ア・ダウンとか、他とは違っていて、自分たちのルールに基づいた行動をするアーティストたち。それがたとえ人に理解されようと、されまいと、まったく気にしていない。
それって、年とともに生まれるもので、まさにアヴェンジド・セヴンフォールドにとって今がその時だと思う。30代半ばの5人組で、自分たちが作りたい音楽を作ってる。自分たちがやりたいように作品をリリースし、その作品を人々が気に入ってくれればクールだし、もし気に入ってくれなければ、それも理解できる。
◎ニール・ドグラース・タイソンとのコラボは、どのように形になったのですか?
M.シャドウズ:ここ数年間、バンドとしてAI(人工知能)について何度も話し合ってきた―科学の最先端において自分たちの立ち位置はどこなのか、このトピックに関して映像、ポッドキャストや本を通じて様々なことを学んできた。そうする内に、とことんハマってしまって、科学のみならず、これからどうなっていくのか、という部分に焦点をおいたアルバムを作ることに決めた。
ツアー中のある晩、“ビッグバン宇宙論”についての曲を書こうというアイディアが浮かんだ。そのへヴィメタル・バージョンをね。そこから生まれたコラボなんだ。曲の最後を何かでトッピングしなければ、と思って、ニール・ドグラース・タイソンのスタッフに連絡を取ったら、直接連絡をしてきてくれた。これまで彼は、教養を高めるためだったら、何でもやると言っていたので、これはファンの教養を高めるためで、興味を持ってくれれば、さらに知りたいと思うかもしれない、という感じでアイディアを投げてみた。そしたら、実際にOKが出て、彼が参加してくれることになった。
あのエッセイは、俺たちのために彼が書いてくれて、とても興味深い内容だ。へヴィメタル・アルバムに天体物理学者が参加してくれるなんて稀なことだ。稀というか、きっと今までになかったことだな。

Interview by Steve Baltin / 2016年10月28日 Billboard.com 掲載

◎「Live From Hollywood」ライブ映像
https://youtu.be/zdnQF3HIZjk

◎リリース情報
『ザ・ステージ』

アヴェンジド・セヴンフォールド
2016/10/28 RELEASE
2,500円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

Avenged Sevenfold Drops Surprise Album, Dishes on Concert Atop L.A.’s Capitol Tower: ‘It’s So Invigo
アヴェンジド・セヴンフォールド 2作連続全米No.1獲得
アヴェンジド・セヴンフォールド、ドラマーの死後初のアルバムを発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP