ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム制作ツール「GameMaker Studio 2」トレイラー動画が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム制作ツール「GameMaker:Studio」の開発を行うYoYo Gamesは、本ツールの新バージョンとされる「GameMaker Studio 2」のトレイラー動画をYouTubeに投稿した。

現在公開されている動画は、「GameMaker Studio 2 – Tileset Editor」および「Room Editor」、「Drag and Drop」、「Image Editor」の4つとなっている。GameMaker Studio 2に関しては、10月中旬よりYoYo Gamesの公式Twitterにて、関連情報と思われる内容の投稿が行われていた。ツイートによると11月配信が予想されるが、詳細は現在不明となっている。

November #Time2MeetYourMaker pic.twitter.com/hF24ypi7OZ

— YoYo Games (@YoYoGames) 2016年10月25日

これまでにGameMaker Studioで制作されたゲームには、ゲーム制作者もっぴん氏のアクションゲーム『Downwell』のほか、Toby Fox氏らの開発した「誰も死ぬ必要のないRPG」というキャッチコピーで有名なRPG『Undertale』、また『Risk of Rain』や『Nuclear Throne』などの名作も制作されている。これらタイトルから分かるように、アクションだけではなくRPGなどのジャンルも制作できるツールとなっている。

関連記事:
名作インディーRPG『Undertale』は、「モンスターを倒す」ことの意味を問い掛ける

また、国内ゲーム制作者による作品としては、上記に加えてPC版・iOS版がリリースされている『Porter』や、9月15日から18日の期間で開催された「東京ゲームショー2016」にて発表された「日本ゲーム大賞 アマチュア部門」の優秀賞『ELEC HEAD』もGameMaker Studio製となっている。

『ELEC HEAD』は、シンプルな操作でロボットを動かし、ステージを攻略していくものとなっている。特徴的な要素は「ロボットが触れている部分を起点として、ステージ中に電流が流れる」という要素と。「自分の頭を投げ飛ばせる」というアクションだ。操作や要素はシンプルながら、それらを組み合わせてギミックを攻略していくことが面白い作品となっている。もぐらゲームスにてレビュー・インタビューを行っているので、こちらもお読みいただきたい。

関連記事:
【TGS2016】日本ゲーム大賞 アマチュア部門優秀賞『ELEC HEAD』レビュー
日本ゲーム大賞 アマチュア部門優秀賞『ELEC HEAD』作者インタビュー

本ツールは、プログラミング言語を使用しない制作が可能となっている。筆者も以前に簡単なゲーム作品の制作を行ったが、より使いこみたいと感じたツールだった。GameMaker Studio 2の続報を待ちたいところだ。

関連記事:

ゲーム音楽素材サイト「MIDINGER-Z」がオープン
プログラミング不要の3DRPG制作ツール「スマイルゲームビルダー」が発売開始
Steamで同人・フリーゲームを販売するには? 実際にやってみた資料が公開

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP