ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

優しい味の「武蔵野うどん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月31日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、埼玉の大宮区桜木町を高田純次さんが散歩した。大通りから一歩脇道に入り見つけたのは「手打ちうどん」の大きなのぼり。外からうどんを打ってる姿も見える。「本格手打ち武蔵野うどん」の看板を見て「秀吉うどん・桜木町店」(埼玉県さいたま市大宮区)を訪れた。

お店に入るとトントンとうどんを切っているリズミカルな音が聞こえる。「武蔵野うどん」とは、小麦の生産が盛んだった武蔵野地方で作られるコシの強さが特徴の郷土料理だそう。小麦の風味を楽しむため、つけ汁だけで頂く「ざるうどん」がスタンダード。
一番人気のメニューは、鰹節を利かせた甘みのある出汁に豚肉を加えた「肉汁うどん」。高田純次さんは、うどんを箸にとりつけ汁にたっぷりと入れ「これ、お蕎麦と違って全部つけちゃってもいいの?」と店主に聞きながらうどんをすする「もう、このコシの強さがよほどのクラスだね。こりゃやられた。うん、ちとなめてかかったけどなめられちゃったね」と笑いながらコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:秀吉うどん 桜木町店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:大宮のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:大宮×和食のお店一覧
優しい味の「武蔵野うどん」
ロブスターを5匹分使用した「ロブスターロール・USサイズ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP