ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気の輸入クロスオーバー車、フィアット 500X & ジープ レネゲードが少々お安く! でも、どっちのどれを買えばいいの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
▲兄弟車であるジープ レネゲード(左)とフィアット 500X(右)。これまでは少なかった「中古車らしい中古車」が、やっと市場に出てきました!

▲兄弟車であるジープ レネゲード(左)とフィアット 500X(右)。これまでは少なかった「中古車らしい中古車」が、やっと市場に出てきました!

走行数十kmではなく「数千km」ぐらいの程良い物件が増加中

都会派の洒落たクロスオーバーSUVとしてここ最近大人気の兄弟車、フィアット 500Xとジープ レネゲード。「いい感じの生活」を連想させるカラフルでポップなたたずまいから、かなり気になっている人も多いのではないかと思います。

しかしどちらも昨年秋に登場したばかりの新しいモデルですから、これまでは中古車の流通量もやや少なく、あったとしても、新車とさほど大きくは価格が変わらない「走行数十km」ぐらいの登録済み未使用車が中心でした。

ところが最近になってやっと、「中古車らしい中古車」とでも呼ぶべきフィアット 500Xとジープ レネゲードが市場に多数登場するようになってきたのです。イメージとしては「走行0.5万kmで、中古車価格は新車の50万円安」みたいな感じ。そういった物件であれば、新車ではなく「あえて中古車で」狙ってみる価値は大かと思うのですが、どうでしょうか?

▲こちらが15年10月登場のフィアット 500X。写真下のジープ レネゲードとは車台などを共用する「兄弟車」の関係になります

▲こちらが15年10月登場のフィアット 500X。写真下のジープ レネゲードとは車台などを共用する「兄弟車」の関係になります

▲こちらはジープ版であるジープ レネゲード。登場は15年9月と、フィアット 500Xより1ヵ月だけ先

▲こちらはジープ版であるジープ レネゲード。登場は15年9月と、フィアット 500Xより1ヵ月だけ先

一部に細かな違いはあるが、基本的にはデザイン優先で選んでOK

まずは簡単にですが、フィアット 500Xとジープ レネゲードという車についておさらいをしておきましょう。

フィアットとクライスラー(ジープを作っている会社)は14年に合併して「フィアット・クライスラー・オートモービルズ」という会社になっていて、500Xとレネゲードはフィアットとクライスラーが初めて共同開発した車です。プラットフォーム(車台)は両者共通で、基本となるエンジンも共通の1.4Lの直4ターボ。そしてトランスミッション(変速器)も同じ6速DCT、つまり高効率なツインクラッチ式で、駆動方式も両者FFが基本です。

ただ、レネゲードには「トレイルホーク」という4WDのグレードがあり、こちらは2.4Lの直4自然吸気エンジンを搭載しています。そしてトランスミッションも「スーパーロー」という悪路用のギアを備えた9段ATになります。

一方のフィアット 500Xにも「クロスプラス」という4WDグレードがあります。が、こちらは2.4L自然吸気ではなくFFの500Xと同じ1.4Lターボ。しかしセッティングの違いにより、同じ1.4LターボでもFFのそれよりも30psパワフルです。しかしながらトランスミッションはレネゲードの4WD仕様と同じ9段ATで、とはいえ500Xとレネゲードの4WDシステムには若干の違いがあり……ということで、このあたりだけはちょっとややこしいですね。詳しくは販売店の店頭で確認してください。

▲フィアット 500Xの場合、「クロスプラス」というグレードが4WDです。エンジンは高出力なタイプの1.4L直4ターボを搭載しています

▲フィアット 500Xの場合、「クロスプラス」というグレードが4WDです。エンジンは高出力なタイプの1.4L直4ターボを搭載しています

▲ジープ レネゲードの4WDグレードは「トレイルホーク」。こちらのエンジンは2.4L直4の自然吸気です

▲ジープ レネゲードの4WDグレードは「トレイルホーク」。こちらのエンジンは2.4L直4の自然吸気です

さて、そんな感じの兄弟車であるフィアット 500Xとジープ レネゲードですが、基本的には「デザイン的に気に入った方」を買えば、それで万事OKかとは思います。あとは「色」ですね。両モデルとも明るいボディカラーが多数用意されていて、しかもそういったカラーがとびきり似合うモデルですので、中古車といえどもボディカラー選びはある程度こだわりたいところです。お呼びじゃないかもしれませんが、筆者の好みは「500Xならパールレッド、レネゲードならオマハオレンジ」です。

FFの選択肢は相場との兼ね合いで悩むが、それも「嬉しい悩み」

グレード選択はどうでしょうか? 4WDが欲しい場合はフィアット 500Xなら「クロスプラス」の一択で、ジープ レネゲードなら「トレイルホーク」のこれまた一択です。しかし多くの人はFFで全然十分かと思いますので、その場合は、500Xならば「装備充実のポップスタープラスにするか、それともベーシックなポップスターにするか?」を選択する必要があり、レネゲードも「ファブリックシートのロンジチュードか、それともレザーシートのリミテッドにするか?」を選ばねばなりません。さらにレネゲードの場合は、デビュー当初販売されていた「オープニングエディション」というのもFFの選択肢に入ってきます。

フィアット 500XのFF仕様を狙う場合は、現時点では車両価格300万円以下の物件の大半がベーシックな「ポップスター」であり、「ポップスタープラス」はかなり希少ですので、これはもう自動的にポップスターから選ぶことになるはずです。

▲車両価格300万円以下に限定して探す場合、FFの上級グレードである「ポップスタープラス」は、現時点での流通量がかなり少なめ。それゆえ狙い目は自動的に「ポップスター」になります

▲車両価格300万円以下に限定して探す場合、FFの上級グレードである「ポップスタープラス」は、現時点での流通量がかなり少なめ。それゆえ狙い目は自動的に「ポップスター」になります

▲レネゲードのFFを狙う場合は、ベースグレードと上級グレードの間に存在する「約20万円」という価格差うをどとらえるかが問題に。先進安全装備は、たしかに上級グレードの方が充実しています

▲レネゲードのFFを狙う場合は、ベースグレードと上級グレードの間に存在する「約20万円」という価格差をどうとらえるかが問題に。先進安全装備は、たしかに上級グレードの方が充実しています

しかし同じく車両300万円以下のジープ レネゲードFF仕様では、「オープニングエディション」の数はやや少ないですが、ベーシックな「ロンジチュード」と上級グレード「リミテッド」の流通台数がほぼ拮抗しています(※10月半ば現在)。そして両者の相場は、おおむねですが20万円ほどの開きがあります。当然ですが上級グレードであるリミテッドの方が約20万円高く、この差は新車時の差額ほぼそのままです。

リミテッドに標準装備される「フロント8ウェイパワーシート」や各種の先進安全装備はたしかに魅力的ですので、このあたりをどう判断するかは難しいところでしょう。しかし最終的には「ご縁」の有無の問題になるのが中古車選びというもの。仮にリミテッドが欲しくても、ないときはないですからね。少なくとも、ベーシックなロンジチュードでも必要十分以上のモノは標準装備されていますので、「ご縁があったロンジチュードをお手頃価格で買う」というのも全然アリかと存じます。

いろいろとややこしいことを書きましたが、これらはすべて「嬉しい悩み」です。ぜひウンウン悩みながら、ポップでステキなフィアット 500Xまたはジープ レネゲードのお手頃中古車を探してみてください。きっと、ステキな毎日がそこから始まるはずです。

▲「先輩」であるフィアット 500とほぼ共通するデザインテイストとなる500Xのインパネまわり

▲「先輩」であるフィアット 500とほぼ共通するデザインテイストとなる500Xのインパネまわり

▲こちらはジープ レネゲードの運転席付近。こちらもポップでステキなデザインですね

▲こちらはジープ レネゲードの運転席付近。こちらもポップでステキなデザインですね

【関連リンク】

車両300万円以下のフィアット 500Xとジープ レネゲードを探してみるtext/編集部

photo/フィアット・クライスラー・オートモービルズ

関連記事リンク(外部サイト)

ホンダ シャトルとジェイドが統合!?
気兼ねなく使え、でも洒落てる最強レベルの実用車。それは100万円台前半ぐらいの中古シトロエン DS3だ!
自動車史に残るデザインも、U100万で手に入る。そう、初代アウディ TTならね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。