ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】違法民泊をパトロール!ヤミ民泊を監視する「民泊ポリス」の実体に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

増加し続ける訪日外国人に対応するため、法の整備が進む民泊。その裏で、マンションを観光客用のホテルに代用するといった、違反事例も続発している。

こうした“ヤミ民泊”を取り締まるのは、容易なことではない。物件の数があまりにも多く、法の目がなかなか行き届かないからだ。オーナーや不動産業者からすれば、実に頭の痛い話だろう。

そこをサポートするために生まれたのが、ヤミ民泊を通報するサービス「民泊ポリス」。民間による第三者機関として、試験的に運用してきたが、予想以上の反響と実績に、行政も注目しているという。

提供元は、昨年創業のオスカー。代表取締役CEOの中込 元伸(なかごみ もとのぶ)氏に、話を聞いた。

・法で規制しきれないヤミ民泊の現実

Q1:国内におけるヤミ民泊の状況について、教えてください。

現状では、民泊仲介サイトに存在するものの大半が違法の状態、いわゆるヤミ民泊です。一部のウェブサイトで合法とうたう、不動産オーナーの転貸許可付き物件や民泊ですら、旅館業法や条例に沿う設備・運営方法が整っていないことも、少なくありません。

今後は、民泊新法や国家戦略特区などの規制緩和により、法や条例の下では問題のない民泊が増加するでしょう。しかし、本質は合法か違法かではなく、周囲に迷惑をかけない運営ができるか否かだと考えます。

Q2:サービスを始めたことで、どのような変化が生じましたか?

正直なところ、民泊ポリス開設による社会への影響、民泊運営者(ホスト)への影響は、まだそれほど見られません。しかし、弊社では想像していた以上に、民泊による迷惑を被る方がいらっしゃるという現実を、目の当たりにしました。そして、それは今後も増加していくと思われます。

保健所も人手が不足している中、民泊問題を解決するには、ホスト・宿泊者・不動産オーナー・管理会社・住民それぞれが問題意識を強め、各々の立場で自衛するしかないのでは、と考えています。

・2つのサービスを追加し、監視機能を強化

Q3:新たに追加された2つのサービスについて、詳しく教えてください。

1つめは、不動産オーナーや管理会社が物件を民泊から守るためのパトロールサービスです。登録してもらった物件について、インターネット上をパトロールし、民泊に利用されていないかを監視します。

2つめは、引っ越しの際などに、民泊のある物件を避けたい方へのサービスです。ヤミ民泊は所在秘匿で運営しており、引っ越し先に民泊があるかどうかがわかりません。そこで、「民泊ポリス」で特定・蓄積してきた民泊募集を行う住所データ一覧と、引っ越し候補の住所を照会できるようにしました。

Q4:「民泊ポリス」の今後の展開について、お聞かせください。

行政の負担軽減を目的とした取り組みを、企画・強化したいと考えています。

また、インターネット上のあらゆる不動産情報のクローリング(自動情報収集)、画像解析技術の向上を進めつつ、精緻化と人的コスト削減を図る他、民泊募集住所の特定ノウハウと住所データの蓄積に、より一層注力していくつもりです。

新宿区では、違法民泊対策条例の検討会議を開催。ヤミ民泊撲滅のために、自治体も積極的に動き始めている。本サービスの出番も、これからもっと増えていくことだろう。民泊制度そのものが立ち消えにならないためにも、ぜひ頑張ってもらいたいところだ。(取材・文 乾 雅美)

民泊ポリス

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP