ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リメイク版映画『サニー 永遠の仲間たち』、ラットパック・エンターテインメントと韓国のCJエンターテインメントにより進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ブレット・ラトナーとジェームズ・パッカー率いる米映画製作会社ラットパック・エンターテインメントが、韓国のCJエンターテインメントによるヒット作映画『サニー 永遠の仲間たち』の英語リメイク版映画を手掛けるために、同社とチームを組んだ。

両社は、ヘザー・ハッチ(映画『フォーチュン・クッキー』、映画『恋愛だけじゃダメかしら?』)を、脚本を手掛けるために採用した。

オリジナル版映画は、40代の女性のグループが、25年前の高校のクラスメイト達に再会するストーリーだ。

このニュースは以前、米マッシャブルが記事にした。CJエンターテインメントは、この情報を本紙ヴァラエティにEメールで裏付けた。しかし同社は、11月にカリフォルニア州サンタモニカで開催されるアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)で予定されている同社のセールス活動の一部として同プロジェクトを検討するには早すぎる、とも述べた。

数本の韓国映画が、英語や他言語でリメイク版映画化されている。韓国の有力な映画会社であるCJエンターテインメントは、作品の公開と配給活動を、中国、インドネシア、ベトナムを含むアジア各国へ拡張してきた。同社はこれらの動きに続いて、製作事業を拡大している。リメイク版映画は明らかな最初のステップだ。

同社により2014年に公開された、身体が入れ替わるドラマ映画『怪しい彼女』は、韓国で5500万ドルを売り上げ、映画『20歳よ、もう一度』として中国でリメイク版映画化され、総額で5400万ドルの売り上げを記録した。またベトナムでは、映画『ベトナムの怪しい彼女』としてリメイク版映画化され440万ドルの売り上げを記録し、現地の興行収入成績記録を更新した。

今年の初めCJエンターテインメントは、不良警官のアクションドラマ映画『ベテラン』の中国語リメイク版映画化を発表した。『ベテラン』は、韓国で史上3番目の興行成績を記録している。香港のエリック・ツァンが共同プロデュースを手掛けることが決まっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP