ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒットの「方眼ノート」、ジャポニカ学習帳とのコラボに発展

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 真ん中に段差ができず、ベターッと開く。ありそうでなかったこのノートを開発したのは、東京都・北区の印刷会社の中村輝雄さん(73才)と、中村博愛さん(80才)。

 実は5年前に博愛さんの製本所が倒産し、昔なじみの輝雄さんの印刷所で働くことに。2人は、「今まで誰も作ったことのない物を作ろう!」と、約2年かけてこのノートを開発した。どのページを開いても水平に開く秘密は、継ぎ目の接着。1冊1冊丁寧に手作業で製本する。

「特許は取ったけど、全然売れなくて在庫が膨らむ一方。貯金を切り崩す生活で、昨年の暮れに廃業しようかと話していたんです」(輝雄さん)

 ところが、元日に奇跡が起こる。博愛さんの孫娘が、「おじいちゃんが作ったノート、欲しい人は差し上げます」。ツイッターでそう呟いたところ、3万件のリツイートが。「こんなの欲しかった!」と、元日から注文が殺到。3か月で売上は約6倍になり、10か月で約30万冊を売り上げた。

「この年まであきらめずにやってきてよかった」と、2人は笑う。その後大手文具メーカーと特許契約を結び、下町工場は現在フル回転!

 見開きで使え、コピーしても中央が黒くならないと好評。ショウワノート『ジャポニカ学習帳』とのコラボも決定。水平開き・方眼ノート A4 335円、A5 230円、方眼メモノート 432円。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
『下町ロケット』の鍵となる特許取得 初期費用は185000円
特許 男性より女性のアイディアが商品化されやすい説が存在
『下町ロケット』で話題の特許 野口五郎と平野レミも保有中

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP