ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

将棋スマホカンニング疑惑で朝日vs読売の「盤外戦」勃発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 将棋界で最も格が高いとされる棋戦・竜王戦。この頂上決戦の挑戦者となるはずだった三浦弘行九段(42)がスマホで“カンニング”していたという疑惑がメディアを賑わせている。だがその裏側では、棋界のメインスポンサーである大手新聞社の熾烈な争いが起きていた。

〈三浦九段、竜王戦出場停止、将棋連盟、ソフト使用疑い聴取〉

 これは、朝日新聞が最初に「将棋カンニング疑惑」を報じた際の見出しだ。三浦九段は対局中に席を離れ、スマホ搭載の将棋ソフトを使ってカンニングした疑いで日本将棋連盟(以下、連盟)から今年12月末までの出場停止処分を受けた。現タイトル保持者の渡辺明竜王(32)が『週刊文春』で「間違いなく“クロ”」と実名告発したことで、騒動はさらに大きくなった。

 火付け役となった朝日は10月13日の社会面で〈タイトル戦の挑戦者の変更は極めて異例〉と大きく取り上げ、事の重大さに言及した。

 さらに翌14日の紙面でも、〈スマホ問題 将棋界から疑念〉のタイトルで続報。三浦九段と親交があるという匿名の棋士が、〈将棋界にとって大きな汚点ができた〉と厳しく総括した。各メディアは朝日に追随し、「将棋カンニング疑惑」を大きく報じた。

 ところが唯一、他紙と異なるトーンの記事を掲載したのが、販売部数トップの読売新聞である。

 朝日が第一報を打った同日、読売も騒動を報じたが扱いは小さく、タイトルも〈竜王戦の挑戦者変更 三浦九段出場停止 丸山九段繰り上げ〉というもの。記事中でも「スマホ」というキーワードやカンニング疑惑の説明はなく、「対局中に不必要と見られる離席が多い」と指摘された三浦九段が竜王戦への出場辞退の意向を示し、連盟が出場停止を決めたとだけ報じた。文化面を担当する他紙の記者がいう。

「その後も、朝日は疑惑を追及し続け、22日からは『三浦がカンニングしていた』と渡辺竜王が告発した10月3日の“疑惑の順位戦”の棋譜を掲載した。それとは対照的に、読売の報道は静かだった」

 元読売新聞社会部記者でジャーナリストの大谷昭宏氏も不可解さを認める。

「確かに今回、読売は不自然なくらいこの件をほとんど報じていません」

◆これは10年前の“意趣返し”だ

 なぜ、読売は“静観”を決め込んだのか。答えは明快である。読売は竜王戦のメインスポンサーなのだ。連盟関係者が解説する。

「騒動が大事になれば、自らが主催する竜王戦にキズをつけかねない。そうなれば大きな損害を被るため、大々的に報じなかったのでしょう。事前に読売と連盟で協議があったはずです」

 連盟は「お答えできません」(広報課)というが、こうした背景には、タイトル戦をめぐる連盟と新聞社の蜜月の関係がある。

「タイトル戦のほとんどは大手新聞社がスポンサーにつくことで成り立っています。たとえば、名人戦は毎日・朝日の共催、王将戦はスポニチ・毎日の共催、王座戦が日経、棋聖戦が産経。なかでも読売が主催する竜王戦の優勝者賞金は4320万円に達し、7つあるタイトル戦のうち最大の賞金額であり、全タイトル戦の頂点とされます」(同前)

 将棋が国民的な娯楽だった時代、大手新聞社は紙面に自社が主催するタイトル戦の結果を掲載することで、権威を示してきた。

 読売が「序列1位」に君臨する一方、長く煮え湯を飲まされたのが朝日だった。前述の通り、朝日は竜王戦と並ぶ格式を誇る「名人戦」のスポンサーだが、こちらは毎日新聞との「共催」。この共催を巡っても、すったもんだがあったと前出の連盟関係者が明かす。

「もともと名人戦は毎日の単独スポンサーでしたが、2006年に連盟がより高額な契約料を求めて、当時主催するタイトル戦のなかった“新参者”の朝日に乗り換えようとした。この時はメンツを潰された毎日が激怒し、騒動の末、朝日と毎日の共催に落ち着きました」

 当時、朝日は世間から「カネで将棋界に参入した」と強く批判された。読売も今回とは異なり、朝日vs毎日の戦いを何度も詳しく報じ、こんな痛烈な朝日批判を掲載した。

〈より大きなものを自ら創設しようとせずに、他社のものをうかがう朝日の体質には疑問を呈せざるを得ない〉

 朝日新聞社広報部は「ニュース価値に鑑みて報道している」というが、今回の過熱報道は、棋界で“歩”扱いを受けてきた朝日が“王将”に向けて放った10年前の意趣返しという見方が大勢だという。別の棋界関係者が語る。

「竜王戦の格式に大きな傷がついたのは間違いない。読売が今後、連盟にスポンサー料の引き下げなどを求めていく可能性もある。3億円というスポンサー料は高額ですから、そうなれば、財政難の連盟は窮地に陥ります。だからこそ連盟は、慌てて火消しに奔走しているのです」

 渦中の三浦九段は一連の疑惑に「反論文」を出した後、群馬県内の自宅に戻らず消息を断ったままだ。

 三浦九段の師匠である元日本将棋連盟専務理事の西村一義氏のもとを訪れると、「連盟の調査結果を待たない限り、何とも言えません。もちろん、三浦のことは心配していますよ」と語った。

 仁義なき戦いを繰り広げる朝日と読売。「盤外戦」で詰むのはどちらか。

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
疑惑渦中の三浦弘行九段の親戚「変な気起こさないか心配」
将棋カンニング問題 疑惑を決定的にした「6七歩成」
将棋の電王戦 現役タイトル保持者が出ぬ一因に新聞社の存在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP