ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家電見本市「CEATEC」 IoTへのテーマ変更でV字復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月初旬、東京・幕張メッセに未来を変える最新技術が集結した。52年の歴史を持つアジア最大級の家電見本市「CEATEC JAPAN(シーテック ジャパン)2016」である。

 参加企業648社、来場者数14万5180人は、昨年を大きく上回った。これまでの推移は、リーマンショックの2008年から右肩下がり。2010年代に入ると、韓国をはじめとした海外メーカーの急成長による国際競争の激化で日立など国内の大手電機メーカーが相次いで出展を見送り、昨年は参加企業がピーク895社の6割近くに。来場者数も過去最低を記録していた。

「V字復活の理由は、開催テーマをこれまでの『IT・エレクトロニクス』から、近い将来日本の技術力が牽引役になると期待される『IoT(あらゆるモノがネットにつながる技術)』にシフトしたことです。これにより、三菱UFJフィナンシャル・グループやJTB、セコムなど、家電以外の業種から参加が増え、次代を先取りした展示に多くの人が惹きつけられたのです」(ITジャーナリスト・西村健太郎氏)

 昨年出展を見送ったトヨタ自動車も大ブースで対話型のミニロボット「KIROBO mini(キロボミニ)」などを展示。スマホで操作するこのロボットは、人間の表情を読み取り、感情を推察して会話する。

 4年ぶりの参加となった日立製作所も、一人乗りの自動運転車「ROPITS」を投入し、多くの見学者を集めた。携帯端末の地図上で指定した地点に向かって、自動で歩道を移動。距離センサーと複数のカメラが、歩行者や路面の凹凸をキャッチし、障害物を避けながら目的地に到着する。

 これらの最先端技術が花開けば、ものづくり大国ニッポンが輝きを取り戻す日も遠くない──。

撮影■河野公俊

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
日立の統合相手は東芝が「案外しっくりいく」と大前研一氏
家電専門家 2015年アシストやおまかせの家電が増えると予測
日立製作所 自動運転の内製化で世界シェア20%を狙う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP