ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本人の長寿の一因 米主食で心筋梗塞が少ないため

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テレビ番組の『この差って何ですか?』(TBS系)が、日本全国の100歳以上のご長寿が普段何を食べているかをアンケート調査したが、ご長寿の人々は「豚肉」(1位)、「鶏肉」(3位)など肉類を好んで食べていた。ただし、肉ばかり食べていれば寿命が延びるということではないようだ。地方独立行政法人・東京都健康長寿医療センター研究所の新開省二副所長が語る。

「高齢者の場合、魚はよく食べているが、肉の比率が少ない。魚は十分食べているから、カロリー不足を改善するために肉を食べましょう、ということ。魚の脂は不飽和脂肪酸で、肉の脂は飽和脂肪酸です。それぞれ違う特徴があり、双方を摂取したほうがいい。魚をやめて肉ばかり食べろということではないのです」

 武庫川女子大学国際健康開発研究所の家森幸男所長は、1983年から30年間にわたって世界保健機関(WHO)の協力を受け、世界25か国61の地域の長寿地域や短命地域で、その地域の人々が何を食べているかを調査してきた。その結果、次のことがわかったという。

「日本が世界トップの長寿国なのは、主な死亡原因とされる心臓病(心筋梗塞)が諸外国に比べて少ないためです。

 心筋梗塞の原因はコレステロールですが、日本人のコレステロール値は諸外国の平均を下回っている。なぜ低いのかというと、米を主食にしていたからだと考えます。米は脂肪が少なく、カロリーが摂れる。

 もう一つの理由は、日本人は魚をたくさん食べるから。魚にはタウリンが多く含まれていて、高血圧や動脈硬化の予防になるとされています。また、魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれており、これは血液をサラサラにする効果もあります。これにより、動脈硬化になりにくかったということです」(家森氏)

※週刊ポスト2016年11月11日号

【関連記事】
長寿県の長野 昆虫を食べる習慣があるから長生きとの説も
100歳以上の人の特徴 3食きちんと食べる、牛乳が好きなど
1920年代当時 日本の平均寿命は男性42歳、女性が43歳だった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。