ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相田みつを 山のようなボツ紙は風呂焚きとトイレのちり紙へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年で開館20周年を迎える『相田みつを美術館』(東京・丸の内)が熱い。老若男女、幅広い層の来訪者のなかには、書の前に立ち尽くし、徐おもむろに涙する人も少なくない。800万人が涙した理由とは?

 みつをは端正な顔立ちとすらりとした長身で、女性にたいそうモテたそう。若い頃、映画俳優のオーディションに受かったことがあるほどのイケメンだったが、映画俳優にはならず、書家としての道を選んだ。

 そして、短歌の会で知り合った妻と30才で結婚。4才年下の妻は名家のお嬢様で、収入のないみつをとの結婚を親に猛反対されたが、それを押し切って結婚し、彼が亡くなるまで献身的に支え続けた。

 小説家には“〇年の沈黙を破る傑作”といった謳い文句があったりするが、書家にそんなことは絶対にありえない、とみつをは言い切った。書家は「1日書を休めば、取り戻すのに10日かかる」が口癖で、1日たりとも書くことを怠らなかった。

「空中にイメージで書くと理想の書が書けるのに、実際、紙に書くとダメだ」と、理想を生涯追求し続けたみつをは「腕が動かなくなるのが致命傷」と言い、休んでいる間、寝ている間も天井に向かって手を動かし続けた。

 書は絵画と違って一発勝負。一筆に全身全霊をこめ、常に本気で挑み続けていたという。いつでも本気で書に挑んでいたみつをは、練習のために新聞紙や質を落とした紙に書くことはなく、すべて本番の高級紙を使用し、一晩で1反(約46m)使い果たすことも。

 地方で書家というと習字の先生が多く、教えれば多少の収入にもなるが、彼は生涯弟子を取らなかった。個展で作品が売れる以外に収入はなかったが、作品は長いこと売れず、準備と費用をかけて個展を開いても、足が出るだけだったという。

 そんな状況で紙代が支払えるはずもなく、才能を信じてくれた紙屋が何か月も支払いを待ってくれたという。

 一晩で天井まで届くほどの勢いで溜まる山のようなボツ紙は、お風呂を沸かしたり、しごいてトイレのちり紙として使うなどして二次利用。トイレに行った来客は真っ黒のちり紙を見て、便意が引っ込んだという逸話もある。

※女性セブン2016年11月10日号

【関連記事】
相田みつを 本の出版を拒み続けたのは書き直せないから
相田みつを 『にんげんだもの』でブレイクしたのは60才の時
相田みつを ヘタウマではない全国1位を獲った書道家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP