ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

小栗旬の主演最新作。謎の“私刑”執行アーティスト・カエル男の目的とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

巴亮介によるサスペンスホラー漫画を、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が実写映画化した『ミュージアム』。

雨の日だけに発生する連続猟奇殺人事件。死体を見せることにこだわる犯人・カエル男は、自らをアーティストと呼び、犯行現場に必ず謎のメモを残していた。連続する事件の関連性を捜査する刑事・沢村と部下の西野だったが、次のターゲットが沢村の妻・遥であることに気づき、カエル男の罠、絶望へと追い込まれていく――。

これは犯罪か、芸術か? 追い詰められた沢村が密室=ミュージアムで見たものとは…!? 公開は11月12日より。

ミュージアム
監督:大友啓史
出演:小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀/大森南朋、松重豊/妻夫木聡
(2016年/日本)
11月12日(土)より公開
© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会
http://www.museum-movie.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP