ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“ロックの父”と呼ばれたシンガーの素顔を描く伝記ドラマ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ロックの父”と称され、29歳の若さでこの世を去った伝説のシンガー・ハンク・ウィリアムスの栄光と素顔を描いた、映画『アイ・ソー・ザ・ライト』が公開中。

舞台は、1944年のアメリカ。愛する女性オードリーと結婚し、シンガーとして成功したハンク。しかし、オードリーは、自身のシンガーとしての夢を諦められずにいた。やがて2人の間に息子が生まれ彼らの人生は再び希望に満ち溢れるが、ハンクは音楽活動が順調に進むにつれ家族との溝が深まり、その淋しさを紛らわせるために他の女性やアルコールに逃避するようになってしまう――。

『マイティ・ソー』のトム・ヒドルストンが、ハンク役を熱演。シンガーとして、父として……ハンクが歌に込めた想いとは?

アイ・ソー・ザ・ライト
監督:マーク・エイブラハム
出演:トム・ヒドルストン、エリザベス・オルセン
(2014年/アメリカ)
公開中
©2016 I Saw The Light Movie, LLC and RatPac ISTL LLC. All Rights Reserved.
http://isawthelight-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。