ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイメイクは最低限で。女子のためのVR注意点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リフレッシュできたり、気になる店を探索できたり…男性だけでなく、意外と女性も楽しめるVR。

没入感がすごいので、つい夢中になってしまいます。

でも、あまりに夢中になりすぎると、思いがけないところに落とし穴が…。

女性がVRをプレイするときに、気をつけておきたい注意点を見つけました。

VRプレイ中のメイク崩れを防ぐアイマスク

VRをプレイするときに装着するのが、VRヘッドセット。構造上、ゴムの部分が目の周りを覆う形になります。

そこで気になるのが、メイク崩れとその汚れ。

ゴムが直接肌に当たるため、ファンデーションやアイシャドウで汚れてしまうのです。とくにラメ入りのアイシャドウは、ゴムに張り付いてしまうため、拭いても落ちにくいという欠点があります。

また、長時間プレイしていると、ヘッドセットのなかがだんだん蒸れてきて、つけまつ毛やマスカラが落ちないかとヒヤヒヤすることに。

トラブルを防ぐためには、目もとはファンデーションではなくパウダーで済ませて、アイメイクも最低限に抑えたほうがよさそうです。

さらに、いまVR用の衛生布アイマスクも登場しています。VR体験会ではすでに導入されているこのアイマスク。使い捨てなので、メイク崩れを防ぐだけでなく、衛生的にも安心です。

前髪ペッシャンコ化を防ぐためには

VRをしていてもうひとつ注意したいのが、前髪。

前髪が耳にかけられる長さの人や、アップにしている人はいいのですが、長さによってはVRヘッドセットの下敷きになってペッシャンコに…。

もしくは、目に刺さったり視界に入り込んできたりと、もう邪魔でしかありません。

イライラしたくない場合は、前髪はVRヘッドセットの外に出しておいたほうが良いみたいです。また、帽子やカーラーを持っておくと、たとえ前髪がペッシャンコになってもごまかすことができます。

思わぬところに潜んでいるVRの落とし穴。テックフレンドリー化が進むいまだからこそ、気をつけたい点が見えてきました。

写真/Shutterstock 文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

朝7時。ニューヨークが目覚める瞬間
とりあえずVR。ユナイテッドアローズ店内を360度探索する
正直、子どもは欲しくない。でも、結婚したい。
男子は「気合い入れたデート」が正直しんどい #男子の本音
スマホの中身はいまの自分。34歳NY在住キャリアカウンセラーの場合
デート中のしぐさで男子が「正直しんどい」って思ってること
ハロウィンに何着るかで、チャンスをつかめるかがわかる #深層心理

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP