ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

出逢えたらラッキー! 精肉店が提供するとろける贅沢な国産黒毛和牛の「すき焼丼」【福岡】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

きれいに盛りつけられた牛肉をひっぱり出してみると……。

この大きさ!

口に入れると、本当にトロけそう……。

中洲川端商店街から徒歩1分。いかにも名店といった佇まいのこちらのお店が、

今回うかがった「中洲ちんや」です。

創業68年と歴史も古く、こだわりの国産黒毛和牛を提供する精肉店でもあり、すき焼きをはじめ、しゃぶ鍋、ステーキなどのメニューで、多くのファンがいる肉料理店でもあります。「とにかくお肉が美味しい」と、県外からも多く人が訪れ、接待や会食、宴会など、かなり評判のお店です。

通常、すき焼きを専門店で食べようと思うと、お値段が張りますが……。

なんと、こちらでは運が良ければ「すき焼丼 (1,500円)」というスペシャルな丼をいただけちゃいます。

運が良ければ……というのは満席ではなければ。

あくまで、すき焼きが本業なので、すき焼きの会食などで席が埋まってしまっている場合や、売り切れてしまっている場合もあります。

その時は残念ながら、「すき焼丼」にお目にかかることはできません。

さて、この日は店先に「すき焼丼」の看板が出ていました。

ラッキー! 「すき焼丼」をいただくことができそうです。

お店の端にある、暖簾をくぐり、階段をあがると、個室に通してくださいました。

ランチで提供されている「すき焼丼 (1,500円)」です。

丼のほかに、サラダ、味噌汁、漬物がついてきます。

すっごいボリューム!!

肉が本当すごい! 輝いています。わたしが行くスーパーではなかなか出会えない牛肉です。

中身は、出し汁があふれ出るしいたけ、歯ごたえがある長ネギ、甘く煮込まれた玉ねぎ、白菜、食べごたえのある豆腐、産地にこだわった温泉卵と、カイワレ。

それぞれ別々に煮てあるので、それぞれがふわっと柔らかい状態で登場します。

絶品です!!

ピンチをチャンスに!? すき焼丼の誕生秘話

丼の半分ほどの大きさがある国産の黒毛和牛です。

とろっとろで、繊細です。本当に贅沢な牛肉でした!

通常ランチで1,500円って聞くと、かなりお高めですよね。

でも、1,500円でこの肉が食べられると思うと、むしろ安いくらいだと思います。

このメニューの誕生秘話があって……。

実は、2000年台に起こった狂牛病問題から始まったそうです。

その頃は、毎日のように、メディアで騒がれ、問題のない安全な牛肉までもが

心配されたり、スーパーから数が激減したりと社会問題になりました。

もちろん、国産牛肉にこだわりのある「中洲ちんや」も牛肉というだけで、お客さんが減ってしまったのです。

そこで、少しでもお客さんに牛肉を食べて欲しい……と考案されたのがこのメニューです。

その頃は、牛肉の需要が下がった為、価格も下がりました。

しかし、現在もその頃と、あまり変わらない価格帯で「すき焼丼」は提供されているので、本当に良い肉を、お手頃にいただけているんです!

温泉卵を絡ませて、絶妙な美味しさです。

そして、ボリュームも、ものスゴイ。

男性も大満足のボリュームではないでしょうか。

割り下も甘すぎずに、本当に食べやすくて美味しいです。

いや~たまりませんでした。満腹です! 満足です!!

ご馳走さまでした~。

対応してくださった、代表の人美さん、妹の功子さん、ありがとうございました!

とても笑顔が素敵なおふたりでした。

今まで「すき焼丼」の取材は一切断られていたとのこと。

宣伝をしなくても、昼は大忙し。

これ以上増えても、スタッフが大変になるんじゃないかとのご心配も。そして、せっかくお客さんにもせっかく来ていただいたのに、提供できないこともあるんです……。と。

それでも、どうしても、こちらの美味しいすき焼き。を知っていただきたいので、

満席の場合は「すき焼丼」をお断りすることもあること、丼ではなく、すき焼きが本業であることを明記することで、取材を受けていただけました。

「すき焼丼」に出逢えたらラッキーです!

ランチの丼でなく、昼も夜も本業のトロットロの絶品すき焼きにも出会えます。

ぜひ、中洲に来た際は、「中洲ちんや」。オススメです!


お店情報

中洲ちんや

住所:福岡県福岡市博多区中洲3-7-4

電話番号:092-291-5560

営業時間:

レストラン(1F) 11:30~14:00、17:00~22:00(LO 21:30)

御座敷(2F・3F・4F) 11:00~23:00(LO 22:15)

定休日:日曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

その発想が欲しかった! 明太子といえばご飯でしょ!【博多】
不思議なネーミングの名物丼ぶり、「A丼」とは!?【博多】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP