体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

出逢えたらラッキー! 精肉店が提供するとろける贅沢な国産黒毛和牛の「すき焼丼」【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20160929114808j:plain

きれいに盛りつけられた牛肉をひっぱり出してみると……。

f:id:mesitsu_lb:20160929114813j:plain

この大きさ!

口に入れると、本当にトロけそう……。

f:id:mesitsu_lb:20160929114817j:plain

中洲川端商店街から徒歩1分。いかにも名店といった佇まいのこちらのお店が、

今回うかがった「中洲ちんや」です。

創業68年と歴史も古く、こだわりの国産黒毛和牛を提供する精肉店でもあり、すき焼きをはじめ、しゃぶ鍋、ステーキなどのメニューで、多くのファンがいる肉料理店でもあります。「とにかくお肉が美味しい」と、県外からも多く人が訪れ、接待や会食、宴会など、かなり評判のお店です。

通常、すき焼きを専門店で食べようと思うと、お値段が張りますが……。

なんと、こちらでは運が良ければ「すき焼丼 (1,500円)」というスペシャルな丼をいただけちゃいます。

運が良ければ……というのは満席ではなければ。

あくまで、すき焼きが本業なので、すき焼きの会食などで席が埋まってしまっている場合や、売り切れてしまっている場合もあります。

その時は残念ながら、「すき焼丼」にお目にかかることはできません。

f:id:mesitsu_lb:20160929114822j:plain

さて、この日は店先に「すき焼丼」の看板が出ていました。

ラッキー! 「すき焼丼」をいただくことができそうです。

お店の端にある、暖簾をくぐり、階段をあがると、個室に通してくださいました。

f:id:mesitsu_lb:20160929114826j:plain

ランチで提供されている「すき焼丼 (1,500円)」です。

丼のほかに、サラダ、味噌汁、漬物がついてきます。

すっごいボリューム!!

肉が本当すごい! 輝いています。わたしが行くスーパーではなかなか出会えない牛肉です。

中身は、出し汁があふれ出るしいたけ、歯ごたえがある長ネギ、甘く煮込まれた玉ねぎ、白菜、食べごたえのある豆腐、産地にこだわった温泉卵と、カイワレ。

それぞれ別々に煮てあるので、それぞれがふわっと柔らかい状態で登場します。

絶品です!!

ピンチをチャンスに!? すき焼丼の誕生秘話

f:id:mesitsu_lb:20160929114830j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。