ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意!?】米で物議を醸したトランプ否定派の過激なハロウィン装飾

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米大統領選シーズンの恐ろしい話題はもうピークだろうと思っていた方は、こちらの画像を見ていただきたい。これはテキサス州ヒューストンにある、ある家のハロウィン用の装飾だ。

「主にこの近辺の子どもたちのためにやっています。ハロウィンには子どもたちがやって来て、キャンディーをもらい楽しんでいます」と家主のマーク・アンソニー・ロドリゲスさんは話している。

「誰も傷つけるつもりはありません。みんなここに来ると、離れようとしつつ写真を撮っていきますし、それで構いません。多くの子どもたちが楽しんでいます。クリスマスも同様です。その時期にトランプ氏はつるしませんが、クリスマスに合う物を飾ります」とのことだ。

ハリウッドのトランプ氏は、スターたちの中であまり人気がないようだ。有名な歩道「ウォーク・オブ・フェーム」にある同氏の星形プレートは、”国境の壁”が築かれたりしていたにもかかわらず、最近、ハンマーで完全に破壊されたのである。担当者によれば、プレートは修復する予定で、破壊した犯人を訴える考えだという。

しかしトランプ氏は、ハロウィン用のマスクに関しては、民主党候補ヒラリー・クリントン氏を上回る売れ行きを見せている。コスチューム店Arne’s Warehouseのペギー・リックスさんは、「今年は非常に好調です。ご想像のとおり大人気です」と話している。

では、どのくらいヒラリー氏より売れているのだろうか。リックスさんによれば、「どのグッズでも2倍です。ピニャータ(メキシコのお祭りで使われる、中にお菓子やおもちゃを詰めたくす玉のようなもの)、マスクなど、ちょうど倍の売れ行きです」とのことだ。

とはいえ、ヒューストンのティム・ライトさんが言うように、「いやあ、決められません。どっちも怖いですよ!」といったところか。

Houston man hangs a Trump mannequin with a noose in his front yard as part of Halloween decorations. Thoughts???
Posted by KPRC2 Keith Garvin on Friday, October 28, 2016

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

世界初アクションP.O.V. 映画『ハードコア』 出資を募るために作られたPVがスゴすぎる
「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に
「イケてなさ」もモチベーションに  Creepy Nuts(R
10才の日本人少女がドリーム・シアターを完コピ!「世界中のアマチュアギタリストが絶望するレベル」と話題に【動画】
日本人フードファイター、小林尊が「ヤギの丸焼き」18kgを12分間で平らげる 約100年間優勝できないシカゴ・カブスの「ヤギの呪い」を解く!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP