体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぼっちになりやすい人の4つの傾向&改善法について

ぼっちになりやすい人の4つの傾向&改善法について
ぼっちという言葉をご存知でしょうか? 多様化する人間関係において問題視されることも増え、耳にする機会が多くなってきた単語「ぼっち」。

その意味や特徴、問題点といったポイントを丁寧に解説していきたいと思います。

要チェック項目

□ぼっちとは人間関係を上手く築けない人を指す言葉

□SNSの登場など複雑化する人間関係において、ぼっちの問題はより深刻化している

□ぼっちの対処ではまず孤独感の解消が大切

ぼっちの意味とは? 市民権を得てきた新語を解説

最近しばしば話題に上るようになってきた「ぼっち」のこと。皆さんはどの程度ご存知でしょうか? 意味は知っているという方も少なくないでしょうが、「ぼっち」とは要するに「一人ぼっちの人」を表す言葉です。

つまり親しい友達や交際相手、余暇を一緒に過ごす仲間の居ない人を指す単語ということになります。

ぼっちの当事者である本人はとても辛いはずです。しかし、どうしても軽く聞こえてしまう「ぼっち」という言葉が広まってしまったことで、問題がさらに複雑化しているきらいもあります。

ぼっちの人に接する際は決して問題を軽く見ること無く、真剣に相手と向き合うことを迫られるでしょう。

ぼっちが引き起こす問題は社会生活への影響も

ぼっちの問題としてまず挙げられるものに強い孤独感があります。

例え何かしらの趣味などを持っていて余暇を一人で過ごすことができたとしても、ふとした際に孤独感に苛まれるなどすると心は確実に疲弊していきます。

心が疲弊した状態というのは大きなストレスを抱えていることと同義です。それは普段の振る舞いから余裕が失われることに繋がり、周囲からひときわ孤立してしまうことにもなりかねません。

そうなると本人の社交性や自信はさらに衰え、もはや普通の社会生活を送れなくなる恐れもあります。

また、大きなストレスは心身の異常をももたらします。何だか気分や体調が優れないといったものならまだしも、強いストレスに苛まれ続ける状態は病気を誘発しかねません。

うつ病や過敏性腸症候群などの胃腸疾患、直接的に命に関わる病気を呼ぶことだって無いとは言い切れません。ストレスを抱えた状態は逃避的な行動、すなわち何かへの依存という形に帰結しやすい面もあります。

その場合インターネットやアルコールなど没入できるものに依存しやすくいため注意が必要です。このように「ぼっち」の影響は本人自身のあり方に様々な変化を与え得るのです。

ぼっちになりやすい人の傾向をチェック

ぼっちになりやすい人には傾向があると言われています。以下の項目をチェックして、自己分析を行いましょう。

1.引っ込み思案である

こと。言うまでもなく新しい人間関係を築くのが苦手なため、昔からの友人などが居ない場合、例えば進学などを機に孤立しやすくなります。

2.日常会話が咄嗟に出てこない

挨拶やニューストピックの話題などは人間関係の基本ですが、別にしたくない訳ではないのに咄嗟に適切な言葉が出てこないという人は居るものです。当然、人付き合いも深まりづらくなってしまいます。

3.見た目上のコンプレックスがある

誰かと会話をするとなると、どうしても相手と向かい合う必要があります。そういった場面を『相手に自分を見られたくない』という理由で避けてしまうと、必然的に交友関係は広がりづらくなります。

4.一人っ子である

兄弟姉妹など血の繋がりがある相手はそう簡単に離れていかないため、人付き合い経験の練習台には最適とも言えます。そういった相手が居なかったという要素はコミュニケーション能力の欠如を招く可能性があります。

なぜぼっちに? 性格のせいと断じられない側面も

仮にぼっちになりやすい状態にある、またはあった人でも必ずぼっちになっている訳ではありません。

逆に皆の人気者であったり、社交的であった人が突然ぼっちになってしまうことも決して少なくありません。

性格のせい、などとは必ずしも断じられないのです。では、人はどういったきっかけで「ぼっち」になってしまうのでしょうか?

心の病 トラウマなどきっかけに

まず第一に対人恐怖症など心の病を発症したという場合が考えられます。誤解されがちですが、心の病の誘因は様々ですから幼少期のトラウマなど少しのことでも発症する可能性があります。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。