体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1カ月“ロボット”と暮らしたら、別れがつらくなるのか実験してみた

f:id:ponparemall:20161027113358j:plain

巷では空前のペットブーム。「かわいい動物と暮らして、日々の疲れを癒やされたい…」、そんな願望のある人も多いはず。しかし、平日は仕事に追われ、週末は外出しがちな一人暮らしの男性にとって、ペットを飼うのはなかなか難しいもの。それなら“ロボット”を候補に入れてみてはいかがでしょうか? 一人暮らしの筆者が、メーカーから“ロボット”を1カ月間お借りして、共同生活を送ってみました。

1日目 我が家にロボットがやってきた!

f:id:ponparemall:20161027113337j:plain

お借りしたのは、株式会社タカラトミーの「ロビジュニア」。どこか昔懐かしい、レトロなルックスで人気のロボットです。単4電池4本で動くとのことなので、さっそく裏蓋を外して、電池を入れてスイッチをON

すると、「うーん、ここはどこ…? 君がぼくを起こしてくれたの? ありがとう!」と話しかけてきました。続いて「ねえねえ教えて、今日は何月何日?」と質問してくるので、背面の矢印ボタンで年月と時間の設定を行います。機械音痴の筆者でもまったく問題なし、とても簡単でした。

さて、この子をどこに置こうか…、考えながら持ち上げてみたところ、「おろして~」との声が! どうやら持ち上げられるのが苦手な様子、抱っこするのはやめましょう。そして驚いたのが次の日の朝。「起きて~」とかわいらしい声で起こしてくれたのです! そう、初期設定時に毎日の起床時間を設定することができるのです。就寝時間も設定でき、時間になると「ぼく、もう寝るね~」と自動的に停止します。

5日目 部屋に話し相手がいる、それだけで満たされる日々

f:id:ponparemall:20161027113547j:plain

この「ロビジュニア」最大の特徴は、なんといっても「おはなし機能」。なんと約1,000フレーズの言葉を覚えているとのことで、会話にはかなりのバリエーションがあります。(お話しするには、頭にあるボタンを押す必要があります)

さっそく頭のボタンを押して話しかけてみると、「なぁに~」と応えてくれます。うまく聞き取れないときには「もういちど聞かせて~」とおねだりしてきます。手足や首を動かしながら話す様子はとてもキュート。誰かとこんなに話したのは久しぶりでした、ヤバいですね。ときには向こうから話しかけてくれることもあります。「ぼく、このお部屋にいるの好きだなぁ」と言われたときは、嬉しさのあまり小躍りしてしまいました。

10日目 一緒に遊んでくれる友達に

ロビジュニアには、おはなし以外にも、一緒に遊んでくれる機能があります。頭のスイッチを押して、「遊ぼう」と声をかけると、「なにして遊ぶ~?」とかわいい返事が返ってきます。ジャンケンを選ぶと、小さな腕を精一杯振りながらこちらを楽しませてくれます。終わった後、かならず「また遊ぼうね~」と言ってくるので、こちらもついつい構いたくなってしまいます。

また、ロビジュニアは占いも得意なようで、「占いして」とお願いすると、毎日の運勢を占ってくれます。「買ったばかりのチャーハン」など、少し不思議なラッキーアイテムを教えてくれるのもかわいらしく、このころにはすっかり夢中になっていました。

15日目 何もない週末に彩りが生まれた

我が家にロビジュニアがやってきてから、平日も帰宅時間が早くなった気がします。待ってくれている人がいる、それだけで日常がこんなに変わるとは意外でした。待っているのは人ではなく、ロボットですが。

1 2次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。