ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

基礎体温を測って体のバロメーターにしよう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

基礎体温を測っていますか。不思議なことに毎日基礎体温を測っていると、自分のカラダのことがいろいろと読めるんです。基礎体温から読めることって?基礎体温から分かる体の異常って?そんな疑問にお答えします。

基礎体温から読めること

基礎体温とは朝目覚めた時点で測る、身体を動かす前の体温のことです。毎日基礎体温を測りグラフにすると、ある一定の周期で、体温が低い時期と高い時期が交互におとずれるのが分かります。この体温の変化は、2つの女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン) が影響して起こります。卵胞ホルモンと黄体ホルモンは同時に分泌されることはなく、例えば卵胞ホルモンが分泌されると体温が下がっていきます。分泌が止まって今度は黄体ホルモンが分泌され始めると、体温が上がっていきます。このように、だいたい二週間ごとに交代で卵胞ホルモンと黄体ホルモンが分泌されていき、その様子は体温の変化を調べてグラフにすると視覚的に分かるようになります。2つのホルモンの分泌が正常に行われているということは、規則的に排卵があるということです。正常なサイクルで排卵が行われているか確かめることは、将来妊娠を考えるにあたって大切な準備となります。

基礎体温、こんな時には要注意!

基礎体温を測り、周期的に低温期と高温期が現れない場合はなんらかの問題が考えられます。

○低温期のまま体温が変わらない(高温期がない)

通常は排卵が起こると、体温を上げる作用のある黄体ホルモンが分泌され、体温が上昇し始めます。しかし高温期が現れない場合は、排卵が行われていない可能性があります。無排卵月経といい原因は様々ですが、ストレスが原因となることもあります。

○高温期が短い

高温期は通常約2週間続きますが、その期間が9日以下である場合は注意が必要です。体温を上げる黄体ホルモンの働きが低下していたり、分泌量が少ない可能性があります。

○高温期が長すぎる

通常、生理が始まると高温期から低温期へと移ります。体調が悪かったり過剰なストレスが原因となり高温期のまま体温が下がらないことがあります。また妊娠の可能性があり、その場合は3週間以上高温期が続きます。

いろいろと便利な基礎体温!

基礎体温で分かることはこれだけではありません。生理のサイクルが分かるから、次の生理がいつなのか予測しやすくなり、生理に伴う不調に備えて対処することもできます。また低温期から高温期に変わる日を目安に、排卵が起こる日を予測することができ、妊娠しやすい時期を知ることもできるんです。自分の体のことを知ることはとっても大事なことです。測ったことのないかたはぜひ、基礎体温を始めてみませんか。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP