体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

成長ホルモンを分泌する方法とは?驚きの健康効果をご紹介

成長ホルモンを分泌する方法とは?驚きの健康効果をご紹介
成長ホルモンというと、思春期に身長を伸ばしてくれるホルモンというイメージがありますよね。

もちろんその働きは間違いではないのですが、実は思春期以降も非常に重要な役割を果たしているのです。

今回はそんな成長ホルモンについて紹介していきます。

要チェック項目

□成長ホルモンは体の様々な機能にとって重要

□成長ホルモンが不足してしまうと、さまざまなトラブルが

□成長ホルモンを分泌させるには、睡眠や運動、食事が重要

成長ホルモンとは

人間の体内には100種類以上のホルモンがあり、それぞれが体の様々な機能をコントロールする働きを持っています。

そしてその中でも成長ホルモンは、その名の通り体の成長をつかさどるホルモンです。正確には“ヒト成長ホルモン”、英語では“Human Growth Horomone”略してHGHという呼び方をされることもあります。

成長期に成長ホルモンの分泌が活発になり、短期間で大きく身長が伸びるというのは皆さんご存知でしょう。しかしそれだけでなく、髪や爪、骨や皮膚な体のあらゆる細胞の成長・代謝にかかわる重要なホルモンなのです。

詳しく見ていきましょう。

成長ホルモンの役割

身長を伸ばす

幼少期から成長期にかけて、成長ホルモンの分泌が最も活発になる時期があります。

この時、成長ホルモンはIGF-1という成長因子の分泌を促進させているのですが、これによって骨細胞の分裂や増加が活発になり、身長や骨格が成長していくのです(逆にホルモンバランスが崩れるので、思春期にニキビができやすくなる)。

思春期を過ぎると分泌量が落ち着いてくるのですが、まったく分泌されなくなるということはありません。骨だけでなく、髪や爪などを成長させる働きもあるため、思春期が終わってからも重要な存在なのです。

疲労回復やケガをした皮膚の再生

成長ホルモンには身体の細胞を成長させる機能だけでなく、回復させる機能もあります。負荷がかかり疲労した筋肉細胞や、ケガをした肌細胞などがあった場合、成長ホルモンがその細胞に働きかけて再生させるのです。

また疲労を回復させることでより免疫力が高まったり、肌の代謝が良くなることで美肌やアンチエイジング効果に期待できるなど、うれしい副産物もあります。

脂肪の分解

成長ホルモンには脂肪の分解をする働きもあります。本来体脂肪はトリグリセリドという形で体に蓄えられているのですが、成長ホルモンはこのトリグリセリドを脂肪酸とグリセロールに分解してくれるのです。

ただし成長ホルモンが行ってくれるのはあくまで分解まで。この脂肪を燃焼させるには有酸素運動が必要なので要注意です。

成長ホルモンの分泌が減ると…

成長ホルモンを分泌する方法とは?驚きの健康効果をご紹介
しかし成長ホルモンの分泌が不十分であると、体に様々な影響が出てきてしまいます。

代表的なものとしては、骨が弱くなって骨粗鬆症の原因となったり、筋肉量が低下することで疲れやすくなったり、皮膚の代謝がわるくなるのでシミやシワが増えたり、

脂肪分解作用が衰えるのでコレステロールや内臓脂肪が増えていったり…

年を取ると体はどんどん衰えていきますが、老化と呼ばれる現象にはこの成長ホルモンがかかわっていることが非常に多いです。

また老化だけならまだしも、様々な病気を引き起こしてしまうこともあるので非常に厄介。考えられる病気としては

糖尿病

成長ホルモンが不足してしまうと、内臓脂肪が増えてインスリンの働きが抑制されてしまいます。

本来食事をしたときには血糖値が上昇するのですが、その後インスリンが分泌されて、緩やかに血糖値を下げてくれる働きがあります。

しかしその働きが抑制されてしまえば、上がった血糖値が下がっていかずに糖尿病が引き起こされてしまうことがあるのです。

動脈硬化

成長ホルモンが不足してしまうと、だんだんと心臓の機能も低下していきます。

そうなると血液の流れが悪くなるだけでなく、血管が硬くなって管内に血の塊(血栓)ができてしまう動脈硬化が引き起こされてしまうのです。

そしてこの動脈硬化から心筋梗塞や狭心症など、生命に重大な危機を及ぼす病気へとつながってしまうことも…。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。