体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

掛け持ちバイトをしている人は要注意!扶養範囲や社会保険料などポイント3つ

掛け持ちバイトをしている人は要注意!扶養範囲や社会保険料などポイント3つ 掛け持ちバイトをしている人は要注意!扶養範囲や社会保険料などポイント3つ 掛け持ちバイトをしている人は要注意!扶養範囲や社会保険料などポイント3つ

たくさん稼ぎたいという人や、いろいろな業種にチャレンジしたいという人の中にはいくつもの仕事を掛け持ちしている人がいますよね。ただし、掛け持ちバイトをする時には気をつけたいポイントがいくつかあります。今回はそのうちの3つをご紹介しましょう。

年収103万円を超えると親の扶養から外れ、親の税金が増えてしまう

仕事をしてお給料を受け取る人は所得税を払う必要があります。その対象となるのは年収が103万円を超える人と決められています。複数のバイトをしていて合計の年収がこの金額を超えてしまうと税金を払う義務が出てくるのです。

さらに、年収103万円を超えると親の扶養から外れることになります。そうすると、扶養控除という税金の控除枠がなくなり、両親の税金負担額が増えてしまいます。自分は給料が増えて良いものの、親の税金負担がどれほどかかるのか、家計をトータルして考える必要がありますね。

もし、扶養から外れない方が良いと感じるのであれば、年間の収入が103万円以下に収まるようバイトを調整するのが良いでしょう。

学生の場合は年収が130万を超えると所得税を払う必要がある。確定申告も忘れずに!

掛け持ちバイト

学生の場合は、勤労学生控除があります。これは年収が103万円を超えても更に27万円分が税金の対象外とされるシステムです。つまり、学生の場合は年収130万円までは無税になるということです。

ただ、この27万円分を税金の対象外とするためには、バイト先で、最初の日に「扶養控除等(異動)申告書」という書類を渡されて、記載して提出することになります。これを記載する際に「5 勤労学生」に丸をつけるのをお忘れなく。

また、掛け持ちバイトの場合には、「扶養控除等(異動)申告書」は1つのバイト先にしか提出できず、提出できない他のバイト先では、税率が高く設定されています。ですから、自分で税務署に行って確定申告をしないと、実質的にこの勤労学生の控除を受けられない状態になる場合があります。こちらも人任せにはできないので自分できちんと行いましょう。

ただし、1月~12月まで掛け持ちバイト(同時期に複数のバイト先で働く)はしておらず、その年の12月に在職しているバイト先で年末調整してもらえる状態であれば、確定申告の必要はありません。

年収130万円以上になると扶養からはずれ、社会保険料を負担することになる

掛け持ちバイト

もうひとつ年収130万円以上になりそうな時に気にしておきたいのは、健康保険などの社会保険料も自分で負担しなければいけなくなることです。

まず、健康保険ですが、親や配偶者の扶養になっている場合は、自分で健康保険料を納めなくても治療を受けられましたが、年収130万円以上になると、扶養からはずれ、バイト先の社会保険(健康保険と厚生年金保険)に加入できない場合(*)には、国民健康保険に加入しなければならず、こうした社会保険料を自分で納めることになります。

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy