ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目の錯覚で体型が細く見える?痩せて見える服の色やコーディネート

  • ガジェット通信を≫

「新しく買った服を着てみたけど、なんだか太って見える」「もう少し腕が細く見えたらいいのに」…と思ったことはありませんか?

実は、目の錯覚で体形を細く見せることができるのです! 今回は、目の錯覚を利用して細身の体形に見せるコーディネートのコツを前半・後半の2回に分けてご紹介します。

3つの悩み別!目の錯覚を利用して、ひとまわり痩せて見えるコーディネートを作ろう

(1)スカートを履いた時に、足が細く見える丈の長さは?

足を細く見せるスカートを選ぶには、丈の長さに注意して選びましょう。一番細く見える長さは「膝上丈のスカート」です。

一見、足の露出が多くなるので「足が太く見えるのでは?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。逆に足がスッキリと見えるのです。

膝上丈のスカートに抵抗がある人は、足首上までの丈のロングスカートを選んでも良いでしょう。ちょうど足首が短いので、ふくらはぎまで隠すとスッキリしているように見せることができます。

(2)二の腕を細く見せたい時は?

二の腕を細く見せたい時におすすめのコーディネートは「ノースリーブを着てあえて腕を出す」もしくは「二の腕は隠れるくらいの、長めの半袖」がおすすめです。

また、フレアスリーブという腕の細い部分で終わるくらいの丈の長さの洋服を選ぶと、着やせ効果は抜群です。
(3)くびれを見せたい時は?

くびれを見せたい時は、ウェストシェイブの入ったオーバーブラウスなどのトップスを選びましょう。これはアウターも同じで、ウェストシェイブの入ったジャケットであれば細く見せることができ、着太りも防げます。

また、ウェストシェイブの位置が実際のウェストよりも少し上にあるものを選ぶと、よりスッキリ見せることができ足を長く見せる効果があります。

痩せて見える服の色はどんな色?


実は、服の色も選び方次第では、目の錯覚を利用して痩せて見せることができます。痩せて見える代表的な色に「黒」のような引き締める色がありますが、他にもコーディネートを引き締めてくれる色があります。

それが「ネイビー、ブラウン、カーキ」などの彩度の低い濃い色です。暗めの色の方が、体形がより引き締まって見えます。

逆に、パステルカラーなどの明るい膨張色は、体形が膨らんで見えてしまいます。特に全身の服が明るい色だと、よけいに太って見えてしまうので注意しましょう。

引き締め色を上手くコーディネートに取り入れることで、目の錯覚を利用した着やせ効果を得ることができます。

いかがでしたか? これから秋から冬の季節にかけて、重ね着する機会が増えると思います。そこで着やせ効果のある色や丈を意識して取り入れ、今まで以上にコーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか。

後半でも目の錯覚を利用したファッションについてご紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!

関連記事リンク(外部サイト)

パソコン・スマホの悪しき習慣!目に負担がかかるNG行動リスト9選
《自律神経ケア》6つの症状別に体の不調を解消!疲れ目・便秘・頭痛など
甘くみていると失明の危険も!? 目がかすむ原因と対策

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP