体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本酒ライター友美がゆく! 東京の蔵元が通う地元メシ】本場香川の味を受け継いだ「讃岐うどん店」店主は野鳥博士!

f:id:mesitsu_lc:20160930184553j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの友美です。今回やってきたのは西東京、東村山市です。「東村山音頭」で有名なあそこですよ。では行ってみましょう!

f:id:mesitsu_lc:20160930184915j:plain

紹介してくれたお店は、ちょうど東村山と東大和の間にあります。最寄駅は「八坂駅」か「小川駅」だけど、「久米川駅」からバスが便利でおすすめですよ。

西東京で、本場の讃岐うどん「手打ちうどん こげら」

f:id:mesitsu_lc:20160930185538j:plain

こちらが外観です。黄色いテントが目印!

f:id:mesitsu_lc:20160930185852j:plain

後ろを振り返ると、広大な緑の地が。ここ東京です。

大切なことなので、もう1度言います。ここは東京です! 全国でご覧のみなさま、東京って言ったって広いのです。

3蔵目:東京都・東村山「屋守」豊島屋酒造

紹介してくれたのは、地元東京・東村山で「屋守(おくのかみ)」「金婚」「十右衛門」「金婚正宗」というお酒をつくっている豊島屋酒造の専務・田中孝治さんです。

f:id:mesitsu_lc:20160930190558j:plain

「金婚」は、明治天皇の銀婚式をお祝いするお酒として命名された、とてもめでたいお酒だそうです。そして他にも「金婚正宗」という銘柄があり、明治神宮、神田明神の東京二大神社両方に御神酒として納められている日本酒です。まさに東京の顔。象徴するお酒というわけです。

420年前(1596年)、江戸の神田鎌倉河岸が、豊島屋酒造の発祥で、初代十右衛門さんは、超マーケティング戦略に秀でた人だったそう!

酒店の横に、一杯飲み屋さんを始めたり、それまでムダにしていた桶を転売し商売にしたり、樽酒を結婚式に用いる習慣も、豊島屋酒造が生み出したといわれています。

選べる楽しみ。うどんの種類は4種類、食べ方も4種類

f:id:mesitsu_lc:20160930193454j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。