体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〜Vol.7〜 ASEANの経済成長のため、共に汗をかいてきた日本の開発協力

東南アジア諸国連合と呼ばれ10カ国からなる地域協力機構、ASEAN。人口6億人、GDPは2兆円という大きな市場です。今やASEANはアジアの心臓部となり、生産、消費の中心地とも言える存在でもあります。日本は、このASEANと40年以上にもわたるパートナーシップを築いてきました。この日本とASEANの結びつきについて本岸さんにお伺いしました。

経済成長の著しいASEANは、世界の「開かれた成長センター」へ。

ASEANは、インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー及びラオスの全10か国で構成されています。

その全人口はEUよりも多い6億人。2000年代に入ってから経済成長も高まり、2015年には経済共同体も発足しました。今後世界でも、大きなマーケットになると注目されています。この成長に、実は日本が深く関わってきているのです。日本は、50年以上にもわたって、電力や輸送道路、鉄道などのインフラの整備や人材育成などの開発協力を行ってきました。

橋をつなぐことで、ASEAN全体の経済もつないでいく。

【カンボジアにかかる巨大な橋、通称「つばさ橋」が開通したのは2015年4月6日。】

(写真提供:久野真一/JICA)

日本に対する感謝の気持ちが、海外の通貨や切手になっています。

左:パクセー橋(ラオス)、右:つばさ橋・きずな橋(カンボジア)

写真にあるのは、日本が開発協力を行って、2015年に開通したカンボジアの「つばさ橋」です。メコン川を横断して、カンボジアとベトナムを結んでいます。このメコン川の川幅は広く、フェリーで30分以上の時間をかけなければ渡ることはできませんでした。しかし、このフェリーもたった数隻しかなかったため、繁忙期には渋滞が発生し7〜8時間以上待たなければなりませんでした。これでは物流が滞ってしまいます。そこで日本は10年以上かけて、全長5400メートルにもおよぶこの橋の建設を行いました。その結果、24時間いつでもこの広大な川を5分ほどで渡れるようになったのです。このように新しく道路が通じることで、カンボジアやベトナム、タイといったメコン地域の人や物の流れがよりスムーズになり、ひいてはASEAN全体の経済活動をより活発にしていく。これが、日本の開発協力の形です。この橋のたもとに刻まれているのは、「日本の人々からの贈り物」という言葉。現地では、カンボジア紙幣にこの「つばさ橋」が印刷されるなど、親しみをもって受け入れられています。もし、みなさんが将来、カンボジアを訪れる際には、ぜひその目で確認して見てください。

泥だらけになりながら、ミャンマー人技術者を育て上げる。

1 2 3次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy