ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GLIM SPANKY 「みんなを引き連れて、大きな世界を見に行きたい」初の全国ワンマンツアーも大盛況!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
GLIM SPANKY 「みんなを引き連れて、大きな世界を見に行きたい」初の全国ワンマンツアーも大盛況!

 GLIM SPANKYが、全公演SOLD OUTとなった初の全国ワンマンツアー【Next One TOUR 2016】の最終公演を、10月30日 新木場STUDIO COASTにて開催した。

 今のGLIM SPANKYの勢いを物語るように、メンバーが一人一人登場するだけで観客の大歓声が沸き起こる。1曲目は「NEXT ONE」。そして「焦燥」「褒めろよ」とアップテンポの曲が続いて、会場は熱気に包まれていった。インディーズ時代の代表曲「ダミーロックとブルース」を息の合ったプレイで演奏した後、現在公開中の映画『少女』の主題歌「闇に目を凝らせば」を披露。さらに、2ndアルバム『Next One』に収録された「NIGHT LAN DOT」「grand port」「時代のヒーロー」「いざメキシコへ」と続く。ここでMCを挟んで、松尾自身が故郷の風景を思い浮かべながら曲作りをしたという「風に唄えば」「話をしよう」をパフォーマンス。その後、アップテンポな「BOYS&GIRLS」を披露し会場を盛り上げ、この夏、全国各地で鳴り響いた、映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌「怒りをくれよ」を披露し、会場のボルテージは最高潮へ達していった。

 そんな中、すぐに「Gypsy」を演奏し、MCを挟んで、彼らの代表曲である「大人になったら」を披露。年齢を重ね、大人になっても子どもの時のように目を輝かせて生きていきたいと、自身の人生観を歌にした曲に、大勢詰めかけた会場の観客を魅了し圧倒させた。最後に「ワイルド・サイドを行け」、アンコールで「リアル鬼ごっこ」を演奏し、全17曲を披露。全国ツアー最終公演を大いに盛り上げた。

 初の全国ツアーを終えて、松尾レミは「初の全国13か所のワンマンツアー、全公演ソールドアウトで締めくくることができて、本当に幸せだと思います。どの会場も最高に熱いお客様ばかりで、全て楽しめました。これがスタートとなるようにもっともっと大きなステージに行きたいと思います。お客様も仲間だと思いますので、みんなを引き連れて、大きな世界を見に行きたいと思います。今後とも応援をよろしくお願い致します!」とコメント。

 亀本寛貴は「ほとんどが初めて演奏する会場なので、自分たちのお客様の雰囲気であったり、自分たちのワンマン・ライブの雰囲気が手探りで、どういう風になるんだろうと不安であり、楽しみでありました。実際はとても楽しくでき、次はもっと色んな場所のお客様に会いに行きたいなと、より思うようになる初の全国ワンマン・ライブツアーでした。ありがとうございました。」と語っている。

 こちらのライブの模様は当日のニコニコ生放送でも生中継され、その中の視聴者からのコメントも「GLIM最高!」「生で見たい!」「次はどこの会場やるの」「次回のアルバム楽しみです」など、多数のコメントが集まり、各都道府県からの各視聴者のコメントも多数見受けられた。GLIM SPANKYのライブを見た視聴者も地元に来てくれることを望んでいるようだ。初の全国ツアーを終えて、さらに全国各地に拡大するGLIM SPANKY旋風。今後も彼らの活躍から目が離せない。

Photo credit by KAMIIISAKA HAJIME

◎フェス&イベント出演情報 
【SHEENA WAS A PUNK ROCKER】
11月23日(水・祝)東京 南青山レッドシューズ
【the pillows presents 世界の始まりをワイルドサイドで確かめにいこう】
12月3日(土)大阪 なんばHatch
【MAGICAL WEEKEND PARTY vol.1】
12月8日(木)東京 原宿アストロホール(guest:勝手に観光協会Z)
【MAGICAL WEEKEND PARTY vol.2】
12月9日(金)東京 東京キネマ倶楽部(guest:ストレイテナー)
【年末調整GIG 2016】
12月23日(金)名古屋CLUB QUATTRO

関連記事リンク(外部サイト)

GLIM SPANKY 初全国ツアー【Next One TOUR 2016】最終公演の追加チケット発売&生中継も実施
GLIM SPANKY、12月に観光協会Zとストレイテナーを迎えて自主企画イベント
イヤホンズ 東京キネマ倶楽部で新衣装&新シングル楽曲を初披露! 2017年1月放送アニメの主題歌担当に決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。