ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

足の爪の切り時っていつ?見せない季節だからこそできるお手入れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


夏が終わり足を見られることが少なくなると、足のお手入れの手を抜いてしまうことありませんか?一年中足の手入れをきちんとしている人は、残念ながらまだまだ少ないようです。メイクや洋服には気を使っても、足の爪は夏のマニキュアやジェルネイルがついたままで伸びっぱなし、なんてことありませんか?見た目も残念ですが爪にも良くないことがあります。少し面倒ですが足のシーズンオフに出来るお手入れをお伝えします。

ジェルネイルを放置したままでも大丈夫?

フットのジェルネイルのメンテナンスをしないでつけたままにしていると、どの様なことが起きるでしょう。

爪が長く伸びて靴の中で押され痛みが生じたり、ジェルと地爪の間にすき間が空いて細菌が繁殖してグリーンネイル(緑膿菌感染)になってしまうことも少なくありません。緑膿菌は細菌なので爪から爪へ移るわけではありませんが、最悪の条件がそろえば誰でもグリーンネイルになる可能性があります。そのまま放置せずにきちんとアフターケアをすることをおすすめします。

足の爪の切り時の目安は?

足の爪って、「気が付くと伸びていた」と思うくらい関心が薄い所ではないですか?伸びるスピードも手の爪の半分くらいの速さなので忘れてしまいがち。でもあまりほっておくと今度は伸びすぎて、靴の中で押されて折れてしまったり爪自体が変形したりとトラブルが発生してしまいます。最悪な場合は負荷がかかりすぎてお肉から剥離してしまうこともあるので注意したいところです。

足の爪の切り時は、指先と同じところまで爪が伸びてきたらきたらカットするのがおすすめ。爪の先はまっすぐになる様に四角い形をイメージして切りましょう。角を切りすぎてしまうと皮膚に爪が食い込んで陥入爪になってしまうこともありますので、決して切りすぎない様に気をつけましょう。足のケアだけでもネイルサロンに通ってみるのもおすすめです。

ブーツの季節だからこそ

爪の間に角質や汚れがいつの間にか溜まっています。足はよく汗もかく場所なので誰でも溜まります。気が付いている人も多いのではないですか。ちょっと臭いアレです。アレをそのまま溜め込んでおくと、足から「悲しい香り」が漂う原因になります。

たくさん溜まりすぎると固くなって痛みを伴うこともあるので、入浴時にやさしくかきだしてみましょう。かき出す道具は、簡単に手に入る耳かきがおすすめです。先が丸くなっていますが入れ過ぎは禁物です。優しく優しく行ってくださいね。

そのあと指の間や足の裏を毎日しっかり洗いましょう。ブラシを使うと爪周りもきれいになって、よりすっきり、臭いの元を根こそぎ退治しましょう。

女子力UPに欠かせません

人目に触れない末端のお手入れは究極のおしゃれかもしれません。カラーを塗らなくても爪を正しくカットして汚れを取り去ることで気持ちがいいですし、色々なトラブルを早く発見出来たり、防ぐことが出来たりもします。「足のデトックス」で女子力UPしましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

意外と見られてる!?身に付けたいトイレ後のエチケット
重ね着の時期!あったかいのに着膨れしない3つのコーデテク
食べ過ぎた翌日に2kg増!?そんなときの「食べ過ぎリセット3か条」
もうリバウンドしない!体幹と筋力UPのための強度別ヨガポーズ3つ
寒い時期の便秘に!たまった老廃物をどっさり流す方法

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP