ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】TIFFCOM:米アニメーション製作会社Henshin、テレビゲーム『風のクロノア』を映画化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国に拠点を置くアニメーション制作会社Henshinは、バンダイナムコエンターテインメントのゲーム『風のクロノア』シリーズを基にした映画を開発中だ。

Henshinの創設者ロブ・ペレダがプロデューサーを務め、有賀ヒトシが脚本、共同プロデュース、キャラクターデザインを担当する。この発表は、東京国際映画祭のライツマーケットであるTIFFCOMで行われた。

1997年に初めて登場した『風のクロノア』シリーズは、猫のような姿をしたクロノアとその仲間が、夢の世界を冒険する物語である。

有賀はこれまでにゲーム『ポケットモンスター』シリーズのキャラクターデザインを手掛けている。一方で、ペレダはバンダイナムコにプロデューサーとして勤務し、『超絶倫人ベラボーマン』、『マッピー』、『ワンダーモモ』などに携わった。

製作や劇場公開のスケジュールはまだ発表されていない。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP