ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホイットニー、ビヨンセなどを手がけたゴードン・チェンバースが来日公演開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ビヨンセ、ホイットニー・ヒューストン、チャカ・カーン、アレサ・フランクリンなど、トップ・アーティストの多くの楽曲を手がけた、シンガーソングライターのゴードン・チェンバースが11月、モーションブルー横浜を皮切りに来日公演を行うことが分かった。

 数々のアーティストに曲を提供してきたゴードンは、1996年にアニタ・ベイカーの「I Apologize」でグラミー賞を受賞し、その後もグラミー賞候補に名を連ねた楽曲を生み出してきた。彼がアーティストとして表舞台に立ったのは2005年、ホイットニーから「もし、歌いたいって思っているなら、あなたは歌うべき! 」と背中を押されデビューした。今年7月にリリースとなった、最新作『Surrender』では、レイラ・ハサウェイや、エリック・ロバーソンなどと共演し、様々なアーティストから信頼を受けるゴードンならではの精力的な活動が続く。

 今回の来日公演は、モーションブルー横浜をはじめ4都市で開催。更に東京・大阪では、ゴードン自らがボーカル指導をするワークショップを開催する。

◎ゴードン・チェンバース来日公演
2016年11月14日(月)モーションブルー横浜
2016年11月15日(火)サムタイム吉祥寺
2016年11月16日(水)enn 2nd 仙台 
2016年11月17日(木)Mr. Kelly’s 大阪  

◎ワークショップ&コンサート
2016年11月12日(土)ボーカルワークショップ@Real Diva’s 六本木(東京)
2016年11月18日(金)オリエンテーション@大阪市中央会館(大阪)
2016年11月19日(土)ゴスペルワークショップ@淀川聖書フォーラム(大阪)
2016年11月20日(日)コンサート@淀川聖書フォーラム(大阪)

関連記事リンク(外部サイト)

ホイットニー・ヒューストンの娘、葬儀は家族だけで今週末に
ホイットニー・ヒューストンの伝記映画で、レッドワンが映画音楽デビュー
アンジェラ・バセット ホイットニーの伝記映画について「議論もためになることがある」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP