ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タカタのチャイルドシートを高く買取してもらう方法まとめ

  • ガジェット通信を≫

赤ちゃんを自動車走行中の衝撃から守る役目をするチャイルドシート。タカタのチャイルドシートは安全性が非常に高く、車の座席にしっかりと取り付けができるISOFIX対応シリーズは特に人気があります。

しかし新品のチャイルドシートは値段が高いため、中古品を買い求める方も多いのが特徴です。使わなくなったタカタのチャイルドシートがあればぜひ買取をしてもらいましょう。
今回はタカタのチャイルドシートを売るオススメ店舗や買取のコツ、疑問や回答などをまとめました。

タカタ(TAKATA)とは?

タカタ株式会社は、シートベルドやチャイルドシートなどを製造している企業で、1933年に織物製造の会社「高田工場」として創業しました。1960年からは日本初の二点式シートベルトを製造開始、シートベルトのシェアは世界市場で約20%を占めています。

出典:TAKATA

タカタのチャイルドシートはジュニアシート以外はすべて新生児から使用できることが特長。国連統一基準で優を受賞し、日本だけでなく世界にもその安全性が認められています。しかもすべてが日本国内産。自動車メーカーの純正品としても採用されており、根強い人気を誇ります。

タカタのチャイルドシート買取価格紹介

実際のタカタのチャイルドシート買取例を紹介します。
※価格はあくまでも一例です。店舗やチャイルドシートの状態によって価格は変動します。

takata04-ifix

ブラック/レッド TKIFX-003
買取価格 20,304円

出典:TAKATA

シートに直接取り付けられるISOFIX(アイソフィックス)を採用したモデル。シートベルトを使用しないため、取り付けミスが非常に少ないというメリットがあります。

takata04-smartfix basic

オーキッド(ピンクパープル) TKSMB-00
買取価格 12,681円

出典:TAKATA

シートベルト固定型のチャイルドシート。クッションにはニューボーンプロテクトクッションを採用し、デリケートな赤ちゃんの首や頭を守ります。

takata04-neo

BR (ブラウン) TKNEO-002
買取価格 14,100円

出典:TAKATA

シートベルト固定型ですが、サイドのハンドルを回すことで女性の力でもしっかり完全に固定できることが特長。国交省のチャイルドシートアセスメント(安全性能評価試験)でも安全性が実証されており、根強い人気があります。

チャイルドシートの買取についてQ&A

ここでは、チャイルドシートの買取の際によくある疑問と答えをまとめました。

Q.どうやって梱包すればいいの?

A.箱がある場合は箱に入れて発送をしましょう。箱がない場合は、ホームセンターなどに売っている緩衝材(プチプチ)で全体を包み、ガムテープなどで留めましょう。中身が透けていても問題なく発送ができます。

チャイルドシートの買取を強化している店舗の場合、無料で梱包材を発送してくれる店舗が多いです。そのような店舗を選ぶと自分で梱包材を用意する手間が省けますので、ホームページなどで確認をしましょう。

Q.付属品が欠けていても買取してもらえる?

A.店舗によって基準は異なりますが、購入時の外箱は捨ててしまう方が多いため、査定にはあまり影響しないことがほとんどです。説明書や保証書などは減額になる可能性もあります。

新生児から対応しているチャイルドシートの場合、付属のインナークッションが欠けていると小さな赤ちゃんを乗せることができません。買取の際にインナークッションがないと大幅な減額になることがほとんどですので、あらかじめ気をつけましょう。


photo by Dean Wissing

Q.汚れているけど買取してもらえる?

A.チャイルドシートに限らず、ベビー用品は汚れやすいものです。店舗によって査定の基準は違いますが、目立たない汚れならそれほど減額されないことが多いです。

目立つ汚れがついている場合、店舗によっては買取不可になる場合もあります。事前査定の際に汚れがついていることを店舗に必ず伝えましょう。

タカタのチャイルドシートを高く売るには?

できるだけ付属品を揃えよう

チャイルドシートは購入時に近いほうが高額で買取をしてもらえます。タカタのチャイルドシートの場合、購入時に説明書やお客様登録シートなどが封入されています。取扱説明書は公式ホームページからもダウンロードはできるのですが、もともとの冊子のものが付属いていたほうが買取価格も上がります。


photo by MIKI Yoshihito

小さい赤ちゃんを乗せるのに必要なクッションシートは、無いと査定額の大幅な減額が見込まれます。子供が成長して使わなくなったとしても、必ず保管をしておきましょう。

清掃をしてきれいな状態にしよう

店舗によって基準は異なりますが、目立つ汚れがあると減額の対象となります。取扱説明書の指示に従い、外して洗濯できるものは手洗いで洗濯をしましょう。漂白剤はかえって生地を傷める原因になるので、絶対に使わないようにしてください。

おすすめの買取店を紹介!

タカタのチャイルドシートを売るのにおすすめの店舗を紹介します!

マザーズマーケット

出典:マザーズマーケット

マザーズマーケットは、横浜で中古ベビー用品の買取や販売を実施している店舗です。送料無料で全国を対象にチャイルドシートやベビーカーなどの宅配買取を行っています。横浜市内は出張買取にも対応しています。

人気ブランドの買取を強化しており、タカタのチャイルドシートもその中の一つです。前もって申込をすれば梱包材と名前入りの伝票を無料で送付してくれますので、梱包が不安だという方にはぴったりです。買取の際には費用は一切かかりません。

アロット

出典:アロット

アロットはベビーカーとチャイルドシートの買取を専門に行っている店舗です。店舗は神奈川ですが宅配買取は全国対応。専門店なので中古市場での人気や価値などに精通しており、適格な査定価格を算出してくれます。

事前査定の際に申込をすると、専用の箱や梱包用紙、申込用紙などがセットになった梱包用BOXが発送されます。それを使ってお手持ちのチャイルドシートを発送するだけですので手間がかかりません。査定も早く、到着から2~3日以内には振込。急ぎの場合は即日振込にも対応してくれます。

まとめ

タカタのチャイルドシートは世界の安全基準をクリアしており、大切な命を守る役目を果たしています。しかし、質のよいものは値段が少し高いのが特徴です。中古でもタカタのチャイルドシートがほしいという方はたくさんいます。まだ使えるチャイルドシートがあればぜひ査定に出してみてください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP