ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「Xperia XZ」を11月2日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 10 月 31 日、Sony Mobile 制 Android スマートフォン「Xperia XZ」を 11 月 2 日に発売すると発表しました。Sony Mobile による今年下半期のフラッグシップ「Xperia XZ」はこれで NTT ドコモ、KDDI、ソフトバンクの 3 社より同時に発売されることになります。ソフトバンクモデルはグローバルモデルをベースに、ワンセグとフルセグ、おサイフケータイに対応したほか、256QAM を導入したエリアでは下り最大 350Mbps のデータ通信を利用できます。また、地域限定の「ディープピンク」も用意されています。Xperia XZ の大きな特徴は Xperia で初めて前後でのラウンド型ボディを採用し、5.2 インチ端末ながらもかなり持ちやすいところと、大幅に進化したカメラスペックです。カメラについては、背面にレーザー AF モジュールが追加され、深度を計測することによりピントの精度が向上。RGBC-IR センサーの追加により、画像のホワイトバランスが自動的に補正されるようになりました。また、5 軸の電子式手ブレ補正に対応し、SteadyShot 有効時の動画の手ブレがさらに軽減されるようになりました。Source : ソフトバンク

■関連記事
ソフトバンクの「スポナビライブ」がGoogle CastとPCに対応へ
サンワサプライ、マグネットで様々なところにケーブルを固定できるホルダーアクセサリー「200-CA029GY」と「200-CA030GY」を発売
ねごと、2台のスマートフォンを使って視聴する新感覚の新曲MVを公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP