体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アイドルの実態を調査!アイドルがアイドルを掘り下げる「恥じらいレスキューJPN」

地下アイドルは千差万別、ひとくくりにするなかれ。それぞれが個性を持ち、頭一つ飛び出ようという女の戦いの場、戦場である。そんな戦場において、地下アイドルの実態を、毎回、地下アイドル『恥じらいレスキューJPN』が調査します。

 

 

記念すべき第一回は、『恥じらいレスキューJPN』に自らが突撃取材!この『恥らいレスキューJPN』は、“国籍フリー”で“ジェンダーフリー”という、地下アイドルの中で異色を放つ存在。今回は、みどり担当のなつみこが、突撃レポートをしてきました!

 

ボーダレスアイドル「恥じらいレスキューJPN」

 

『恥じらいレスキューJPN』のコンセプトは、ボーダレスアイドル。日本だけではなく、海外にも自分たちの存在を知って欲しいという思いが詰まっているのですが、単に「海外公演がしたい」「海外に恥レスの名前を広めたい」ということが主ではないのです。「日本人が、海外の人達と仲良くなれるツールの一つとして『恥レス』を使ってほしい」という気持ちの上で活動をしているのです。

 

『恥レス』は、“レスキューJPN”と言う、名前にもあるように、日本の「困った」を救うため、活動する地下アイドルグループ。その特徴の一つとして、メンバーにハーフのブラダとトルコ出身の“サブリナ”が所属しています。サブリナの場合、日本のアニメに興味を持ち、日本へ来たくて来たものの、異国の壁を感じる中で潰れてしまいそうになった時があったのですが、そんな時に「自分を救ってくれたのがアイドルの存在だったんです。そんなアイドルになりたくて今頑張ってます!」という思いで活動していると言います。

 

また彼女は、地下アイドルとは言え、自分たちの存在を多くの人に知ってもらわなくては世界に羽ばたけないという思いから、「笑う洋楽展(NHK BS)」「メイドインジャパン!日本を誇りに思えるSP(TBS)」に、さらにブラダは、テレビ東京「ウルトラマンオーブ」のナターシャ役で出演中です。

 

出典:http://m-78.jp/orb/

 

ジェンダーレスアイドル

あおにゃん

 

そして、もう一人注目なのが、男子地下アイドルの“あおにゃん”。正直、同じメンバーとして、はじめは、お客さんの反応の中に「本当に男子が入っていても大丈夫なのだろうか…」というものが多かったので、戸惑うことがあったのは事実です。現に、メンバーの“つかぽん”が、“あおにゃん”とチェキを取りたそうにしていたお客さんに話しかけた時、「男の子である“あおにゃん”と一緒に写真をとると何かが壊れそうな気がする」と言われたのだそうです。

 

“あおにゃん”が、その頃よく言っていたのが「ラーメン食べたいけどパスタを食べに来ちゃったみたいな?でも、その時に食べたパスタが美味しいならよくない?」そんな“あおにゃん”の思いが通じたのか、“あおにゃん”と、お客さんの関係が最近、少しずつ変わってきたような気がしています。

 

確かに、どんどんお客さんの距離は、“あおにゃん”に近づいているのです。「きっかけはなんでもいいと思うんですよ。僕を通して、自分が持っているフィルターを外すって、こういうことなのかって分かってもらえれば」と話す“あおにゃん”。彼は普段、一人の男の子として、某有名企業で働いているのですが、ジェンダーフリーが当たり前の世界になるようにとの願いを込め、地下アイドルの活動をしています。

 

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。