ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『湘南爆走族』ファンブック登場 作者の「湘爆について話す初めてのこと」も収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 族漫画の原点といわれる、“湘南爆笑族”もとい『湘南爆走族』(以下、湘爆)のファンブックがモーターマガジン社より10月31日に発売されました。価格は1,370円(税別)。

【関連:ほぼ同時期に流行った“なめ猫”知ってる?「なめんなよ」初CD化】

 湘爆は吉田聡さんが1982年から1987年にかけ少年画報社の『少年KING』で連載していた漫画。暴走族を中心にした作品で、タイトルの『湘南爆走族』とは作中に登場するチーム名となっています。本作はメインのテーマが“族”となっていますが、単なる不良少年の物語というわけでなく、二代目リーダー江口洋助と周辺の人々の日常が多く描かれています。そのため暴走族らしいハードでシリアスなシーンはありつつも、甘酸っぱい青春エピソードや、爆笑もののギャグシーンが満載。

 また、1987年には実写映画化されています。実写映画には当時新人俳優だった江口洋介さんが「江口洋助役」で、織田裕二さんが「石川晃役」で出演。未だ活躍する実力派俳優の二人がメインキャラクターを演じています。

 『湘南爆走族ファンブック』にはその原作漫画の魅力がギュッと148ページに収録されているそうです。カラー原画ギャラリー「今、蘇る湘爆ワールド」に、作者・吉田聡さんのロングインタビュー「湘爆について話す初めてのこと、秘密のこと」。さらに登場キャラ人名辞典に、登場バイクのオール実写カタログまで。ファンにとっては垂涎ものとなっています。

関連記事リンク(外部サイト)

実録レディコミ『人ドラ』がフジテレビでドラマ化 11月18日放送
講談社が一迅社の全株取得 完全子会社化を発表
『殺し屋1』イチ&垣原組長のTシャツ販売開始!

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。