ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中華ハンディ機は違法な無線機なので取扱注意!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5千円以下で購入できる無線機としてブームになっている中華ハンディ機。ただし、中華ハンディ機をそのまま使用するのは違法行為。オフバンドの周波数帯で送信できるからです。オフバンド送信ができないように改造して、アマチュア無線機として無線局免許を取得しなければなりません。

BAOFENGのハンディ機は業務無線機

BAOFENGの中華ハンディ機はアマチュア無線機ではなく、業務無線機です。そのため、購入時のままだと、136~174/400~470MHzの帯域で電波が発射できる状態になっています。

実際、中華ハンディ機のスペック表には、例えば136~174MHzと400~520MHzで送受信なことを記載。これらの帯域はおもしろ無線の受信ジャンルであることからも分かるように、無線の使用者がたくさん存在しています。

不用意にPTTスイッチを押してしまうと、割当て事業者に混信妨害を与えると同時に電波法違反に問われます。それゆえ、中華ハンディ機は違法な無線機と呼ばれているのです。

BAOFENGの中華ハンディ機を改造

BAOFENGの中華ハンディ機を日本で使用する場合は、アマチュアバンド以外のオフバンド送信ができないように改造。それをアマチュア無線機として無線局免許を取得して、アマチュア無線のバンド内で運用します。

アマチュア無線機として免許されていない、広帯域で電波が発射できる状態で中華ハンディ機を持ち歩くことは避けたほうがよいでしょう。無線に詳しい人から見れば誤解を与え兼ねません。

また、アマチュアバンドでしか運用できない状態であっても、無線局免許を取得していない状態で電波を発射することもNG。違法行為になることをしっかり肝に銘じておいて下さい。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP