ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【HOT BUZZ SONG】ピコ太郎/星野源/RADWIMPSが前週より動かず、ピコ太郎「PPAP」は三連覇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今週のHOT BUZZ SONGは、1位から3位までが前週と同じく1位ピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」、2位星野源「恋」、3位RADWIMPS「前前前世」という結果となった。

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。ピコ太郎「PPAP」は、週間動画再生回数が前週より若干落ち着いたものの、未だ2000万回弱という驚異的な数字を記録。さらに、ダウンロードも16位、Twitterも3位と他指標も好調な順位を維持している。

 続く星野源「恋」は、ダウンロード1位、Twitter2位、動画再生回数3位とどの指標も高く、ダウンロードは微減、Twitterと動画再生回数は前週より増加しており、動画に関しては約2倍にもなっている。ドラマの視聴率も好調なので、まだまだダウンロードと動画を中心にチャートを賑わせそうだ。

 その他、トップ圏内に入ってきたのは乃木坂46「サヨナラの意味」と西野カナ「Dear Bride」の2作。乃木坂46「サヨナラの意味」は橋本奈々未の卒業ニュースによってTweet数で1位を獲得、10月3日よりフジテレビ系『めざましテレビ』の新テーマソングとしてオンエアされている西野カナ「Dear Bride」がダウンロードで初登場3位を記録し、HOT BUZZ SONG5位を獲得した。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年10月31日)
1位『ペンパイナッポーアッポーペン』ピコ太郎
2位『恋』星野源
3位『前前前世』RADWIMPS
4位『サヨナラの意味』乃木坂46
5位『Dear Bride』西野カナ
6位『なんでもないや』RADWIMPS
7位『多分、風。』サカナクション
8位『砂の塔』THE YELLOW MONKEY
9位『道』宇多田ヒカル
10位『RAGE OF DUST』SPYAIR

関連記事リンク(外部サイト)

2016年10月31日付 Billboard JAPAN HOT 100
【ビルボード】星野源「恋」、2週連続JAPAN HOT100総合首位
【Chart insight of insight】ベテラン・バンドの強さの秘訣は? イエモンとハイスタが大健闘

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP