ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Chart insight of insight】ベテラン・バンドの強さの秘訣は? イエモンとハイスタが大健闘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 先週に引き続き、星野源が粘り強く今週も1位を獲得。そして相変わらずの世界的なYouTube人気もあってピコ太郎が2位という結果となった。そして、3位に急浮上してきたのが、イエモンことTHE YELLOW MONKEYの「砂の塔」だ(【表1】)。

 イエモンは、1992年にデビューし、2001年に活動休止。2004年に正式に解散している。今年再結成を果たしてからの今回のシングルは15年ぶり。しかも、ドラマ主題歌というタイアップまで付いているため、大きな期待が寄せられていた。とくに、ラジオでのオンエア回数が、解禁週の10/17付からトップ10に入り、今週1位を獲得したのは、全国各地のバイアイにシンパが多いベテランのアーティストならでは(緑のグラフ)。また、ミュージックビデオの再生数が一気に伸びているも、慎重にビジュアル戦略を重要視してきた結果といえるだろう(赤のグラフ)。もちろんフィジカルのセールスの強さやツイッターでの拡散力など、どのポイントもバランスよく高く、過去の実績と、再結成のインパクト、そしてバンドとしての底力を感じさせる結果となった。

 イエモンと同じく、ベテランの域に達したHi-STANDARDも相変わらずの強さで今週は15位と、20位圏内を守っている(【表2】)。以前も本コラムで取り上げたが、突然のゲリラリリースでCDショップの店頭を賑やかせ、配信のない状態を逆手に取って結果を出した。実際、ラジオのオンエア回数(緑のグラフ)やツイッターのつぶやき数(水色のグラフ)は3週目にして大幅に落ちたが、売上数に関しては先週は3位、今週は12位と、強豪による多数のリリースの中にあっても、非常に健闘している。ある程度の順位をキープし続けられるのも、彼らのキャリアとそこに伴う支持があるからこそ。イエモンもハイスタも一過性のヒットではなく、自責と実力あるからこその結果なのだ。

関連記事リンク(外部サイト)

2016年10月31日付 Billboard JAPAN HOT 100
【ビルボード】星野源「恋」、2週連続JAPAN HOT100総合首位
「いえもん」といえば“バンド”or“お茶”? THE YELLOW MONKEYの大調査結果発表で特別サイト&動画も公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP