ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロック、ポップ、ヒップホップ、バラードまでバラエティに富んだ、DNCEのデビュー・アルバム(Album Preview)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年8月2日、3日にセレーナ・ゴメスの東京国際フォーラムでの来日公演のオープニング・アクトとして登場し、翌日4日には、タワーレコード渋谷店でミニライヴ・イベントを開催するなど、日本のファンを熱狂させた4人組ポップ・バンド、DNCE。

 2015年10月にEP盤『SWAAY』でデビューし、本作からの1stシングル「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」が、2016年米ビルボード・ソング・チャート最高位9位をマークする大ヒットに、続く「トゥースブラシ」もスマッシュ・ヒットを記録し、大ブレイクを果たしたDNCE。そして、EP盤『SWAAY』リリースからおよそ1年後となる11月18日に、いよいよ彼らのデビュー・アルバム『DNCE』が発売される。

 『SWAAY』に収録されていた4曲(「ジンクス」はデラックス・エディションのみ)も収録される、DNCEのデビュー・アルバム『DNCE』から、先行シングルとして9月30日にリリースされた「ボディー・ムーヴズ」も好調で、女優の仲里依紗が出演したミュージック・ビデオは、早くも1000万視聴回数を超える大ヒットを記録。EP盤では味わえなかった、DNCEの新たな一面が体感できる、スピード感のある、クールなロック・チューンに仕上がっている。

 制作はDNCEの中心人物、ジョー・ジョナスを中心に、メンバーも参加。プロデューサーには、『SWAAY』を手掛けたマットマン&ロビン、イリヤをはじめ、ブリトニー・スピアーズの新作にも携わったラミ・ヤコブや、DNCEが前座を務めたセレーナ・ゴメスや、ジョーの弟、ニック・ジョナスの2枚のアルバムのプロデュースを担当した、サー・ノーランの名前もクレジットされている。

 ロックのみならず、デジタル・ポップやバラード曲、ヒップホップ・アーティストのケント・ジョーンズが参加した、ブラック・ミュージックにクロスオーバーしたようなタイトルもあり、バラエティに富んだアルバムに仕上がっている。11月18日にリリースされる日本のスペシャル・プライス盤には、大ヒット曲「ケーキ・バイ・ザ・オーシャン」と「ボディ・ムーヴズ」のライブ・トラックも収録される。本作を引っさげて、今度は単独来日公演することにも期待したい。

Text:本家一成

◎リリース情報
『DNCE』
DNCE
2016/11/18 RELEASE
2,376円(tax incl.)

関連記事リンク(外部サイト)

DNCE×仲里依紗の濃厚なキスシーンも……新曲「ボディー・ムーヴズ」MV公開
DNCE×Victoria’s Secret、下着姿のモデル達が登場するコラボビデオ公開
DNCE “ハウス・パーティのような”待望のデビュー・アルバム『DNCE』発売決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP