体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「認知症介護はひとりで抱えこまないで」分かっていても抱え込んでしまう家族の本音

生活・趣味
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%811

2016年4月、老老介護のすえ、認知症の妻の首を絞めて殺害するという悲しい事件が発生しました。殺人の罪に問われた夫(82歳)の判決結果が10月6日に出て、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡されました。裁判長は判決文の最後に、「今後は、あなたから子どもたちや地域の人たちに話しかけ、ひとりで抱え込まず、ともに奥様の冥福を祈ってください」と語りかけたそうです。

この裁判長の言葉には、介護に関わっている皆さんへの思いが込められているように感じます。

私が心を閉ざした日

通所や宿泊の介護事業所では、家族間、家族とスタッフ間の交流を目的とした座談会や夏祭りや文化祭のようなイベントが開かれることが多いと思います。

義母の要介護度が低い時期は、イベントに参加し家族の方々や専門職の方々に相談したり体験談を聞くことで、不安や悩みを解消したり緩和していました。しかし、個人的な所用が増えてくると、だんだんと足が遠のいていきました。

先日ひさしぶりに、ショートステイで利用している地域密着型特別養護老人ホームで、利用者本人と家族とスタッフが一緒に食事をしながら交流を深めようという食事会のお誘いがありましたので、全介助の義母と参加しました。

スタッフさんは、利用者さんや家族との対応に追われていて、要介護度の低い利用者さんの家族は、その利用者さん同士で食事を楽しんだり、同じような家族の方々とお話をしたり…昔の自分を見ているようでした。

%e7%94%bb%e5%83%8f1

しかし、胃ろうの義母は車椅子で経管栄養を注入するので、端っこの小さなテーブルに私とスタッフさんと義母の3人という配置でした。私とスタッフさんの食事がテーブルの上に配膳されたのですが、スタッフさんは、家族が来ていない利用者さんのお世話で立ったり座ったり…食べなきゃいけないし…私は交流会の間、ほとんど誰とも話すことなく義母と二人で静かに過ごしていました。

スタッフさんの大変さを理解しているつもりでしたし、テーブルの配慮も理解できましたから…。
でも…。

『やだ、やだ、もう二度と参加しない!』と虚しさや寂しさを感じながら帰りました。そして、一番辛かったのは、義母だったと思います。

自然と遠ざけてしまう支援

あらためて、介護する家族は些細なことで心を閉ざしやすいと、私を含め思いました。「心を開いて!」「辛いとき、悲しいときには声をあげて助けを求めて!」と、頭ではわかっていても、いざ自分のことになると…できないときがあります。「迷惑をかける」「役に立たない」と、そんなネガティブな思いが、周りから差し伸べられる手や言葉を遠ざけてしまうときがあります。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会