ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これはびっくり! 「歯みがき」がインフルエンザを予防する!

DATE:
  • ガジェット通信を≫
これはびっくり! 「歯みがき」がインフルエンザを予防する!

毎年、寒くなる季節はインフルエンザが流行する季節です。インフルエンザは、普通の風邪よりも症状が重くなることが多くて、ツラいですよね。もちろん予防接種を受けるなど防御策は必要ですが、その年によってインフルエンザの型が異なることもあって、注射さえすればOKというものでもありません。そんな時におススメしたいのが「歯みがき」です。歯みがきには、歯や口中を清潔に保つだけでない意外な効用があるのですね。

インフルエンザの予防に「歯みがき」がいい理由は?

インフルエンザウイルスは咳やくしゃみによって空中に飛散し、それを吸い込んだりウイルスが付着した手で口を触るなどして感染します。インフルエンザウイルスは、まず鼻や喉の粘膜に付着し、細胞に侵入して増殖することで感染します。粘膜はタンパク質がガードすることで、ウイルスが付着しないように守られていますが、プロテアーゼや、ノイラミニダーゼなどの酵素によってガード役のタンパク質が破壊されるとインフルエンザに感染しやすくなってしまうのです。これらの酵素は、口中のプラークや歯石、歯垢にいる細菌によって作り出されます。インフルエンザに感染しにくくするには、口中の細菌が増えないようにきちんと歯みがきをすることが重要なのです。また、こまめにうがいをすることで、口中に入り込んだウイルスを外に出すことができます。

インフルエンザ防止には「朝起きたらまず歯みがき」

寝ている間に口の中の細菌は増殖しています。これは、睡眠中は分泌される唾液の量が減ってしまうため。唾液には殺菌作用があり、細菌の増殖を防いでいるのです。インフルエンザの防止のためには、朝起きたらすぐ、必ず朝食の前に歯を磨きましょう。もちろんコーヒー好きという方も、朝のコーヒーを飲む前に歯みがきをしてください。これによって、口中のウイルスが喉や食道にまで侵入するのを防ぐことができます。もちろん、インフルエンザの予防が目的でも、夜の歯みがきは欠かせません。夜はしっかり歯みがきをして、歯と歯の間のプラークを歯間ブラシなどで取ってあげるといいでしょう。夜の歯みがきは、唾液が減少する睡眠中に、少しでも細菌が増殖しないようにするのが目的です。

インフルエンザの予防のためにも、歯や口腔のお手入れは重要です。週に1度は舌のお手入れをしたり、月に1度程度は歯医者さんで歯石を取ってもらったりするのがベターです。また、歯周病や虫歯もインフルエンザだけでなく、思わぬ病気の原因になることがあるので、放っておかず適切な治療を受けましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。