ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日5分でつらい記憶をリセット!?股関節を温めるヨガポーズ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

体に溜まった忘れられない記憶をリセットしよう!

生きていれば、私たちは何かと想いを溜めていきます。
その想いは心に溜まると考えがちですが、実は体にも溜まっています。
そこで特に気をつけたいのが、「つらくて忘れたい想いが、体に溜まること」です。
それを思い出すだけでつらい。そう体が感じる記憶が溜まる状態です。
誰でも少しはこのような思い出をひとつはもっています。
あなただけではないのです。
では、どうしたらその想いを手放せるのか?
そこで今回おすすめしたいのは、股関節を温めるポーズです。
股関節を温める理由は、股関節が忘れ去りたい想いを溜める場所だから。
股関節を温めると、リラックスできますよ。
では早速やってみましょう。

 

つらい思い出にサヨナラ!?股関節を温めるヨガのポーズ

<股関節を温めるポーズのやり方>
① 正座になり、おでこを前の床につけ丸くなります。
② 手は前方の床に伸ばして休めます。
③ 楽に呼吸をします。ももでお腹の温かさを、お腹でももの温かさを、お互いにその存在を感じます。
●頭が床に付きにくい場合は、手を重ねてその上に頭を乗せてくださいね。
●膝が痛い場合は、もも裏にタオルを挟んでくださいね。
(首が不調なときは治ってからで構いません。豆知識として聞いてくださいね)
少しずつ力を抜いていきます。
目を閉じて目の奥の力を抜きます。
眉毛周りの力を抜きます。
頬の力を抜きます。
口の力を抜きます。
歯の力を抜きます。
舌の力を抜きます。
顎の力を抜きます。
頭全体の力を抜きます。
そして背骨の力を抜き、背中を休めていきます。
もう一度、お腹全体の体重がももに預けられるの感じます。
すると、曲がった股関節から、古い想い出がひとつずつ溶け出していきます。

 

1日5分を自分のために使ってくださいね♪

気持ちが良いようなら、5分程そのまま過ごしても構いません。
そして両手を膝の横につき、息を吸ってゆっくり起き上がり正座に戻ります。
やりたいなと感じたときに行ってください。あなたの体の声をキャッチしてあげられるのは、あなただけです。
1日5分だけの時間を、あなたのために使ってあげてください。
古い想いを手放して、体を身軽に、よりあなたらしく輝いて今日を生きましょう。
いつでもあなたがあなたらしくある事を、私は応援しています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP