体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

口下手なプログラマーはコードで語れ!EDOCODE三鬼氏に聞いた、転職のきっかけ

「仲間と一緒に仕事をしたい」という思いから転職へ

農学部出身の三鬼さんは、学生当時コンピューターに触れることがほとんどなく、本格的にプログラムを始めたのはなんと大学卒業後の2社目からだそう。その後、3社目の転職先で業界向けのパッケージプログラムを請け負う会社で勤務。約13年間在籍していた会社から離れ、CodeIQを使ってWanoに転職、現在はWanoからスピンオフしたEDOCODEに勤務しています。

「転職した一番のきっかけは『仲間と仕事がしたい』と思ったところですね。以前働いていた会社は、地方に本社があったんです。僕は東京の事務所にいたんですが、そこで働いているのは実質僕だけだったので、一人ぼっちの事務所で働いていたんですよ。このまま退職するまでずっと一人でやるのかなと思ったときに、転職を考えるようになりました。一人だと寂しいですし、東京から離れて本社のほうに住むのも不安でしたから」


(EDOCODE株式会社 シニアエンジニア 三鬼涼太さん)

働き方を見直して、転職を決意した三鬼さん。以前の会社ではプログラムを書くだけではなく、クライアントと話したり、営業に近い業務もあったそう。もっとコードを書きたい、ものを作ることに集中できる会社に出会いたいという思いからCodeIQに登録したと語ります。

役割分担がはっきりした、エンジニアが働きやすい職場

「Wanoを受けた理由のひとつは、役割分担がはっきりしていると感じたからです。ディレクター、デザイナー、営業、エンジニアなど、ちゃんと分業が成立しているなと。もう一つの理由は、当時の面接官が、Perlを研究、啓蒙する団体JPA(ジャパン・パール・アソシエーション)の理事をしていた人間だったんです。その人と話したときに『この人はコードを書くのが好きなんだな』というのが伝わってきたので、一緒に働きたいと思いました。プログラムが好きで、バリバリ書いている人がいるというのは心強いですよね」

スカウトの文面にも違いが見える、と三鬼さんは語ります。自分たちが好きで開発しているという思いが強い会社と、そうでない会社は文面を見ればなんとなく分かるとのこと。Wanoのスカウトメールからもそんな思いがにじみ出ていたのでしょうか。

「実際に入社した印象は、イメージ通りというか、期待する通りでした。役割分担が明確になっていたのが、エンジニアとしてはとてもやりやすかったです。自分の一番得意なことに専念できるなと。人と話したりするのはあまり得意ではないので(笑)」

逆に意外だったこともある、と三鬼さんは言います。

「エンターテイメントを扱っている会社なので、派手なイメージがあったのですが、実際は以外と落ち着いていましたね。また、Web業界は業務の流れが早いと聞いていて、もっとバタバタとした現場を想像していましたが、ふたを開けてみればみんな焦らず淡々と業務をこなしていたのも意外でした」

また、三鬼さんは転職してから自分の意識も変わっていったと言います。

「世の中で流行っている、新しい技術・ツールが出たときに、可能なかぎりキャッチアップするようになったのは、転職してから変化した部分ですかね。以前は全く気にしていなかったので。最近では、Elasticsearch(エラスティックサーチ)という全文検索のエンジンを試しています」

口下手なプログラマーなら、コードで語ればいい

WanoからEDOCODEへと羽ばたいていく上での抱負を三鬼さんは語ります。

「Wanoは音楽などのエンターテイメントを取り扱っているので、メディア寄りの社風?だったのですが、僕がいた部署はその中でもちょっと異質な、エンタメ感がなくシステム開発に特化した部署だったんです。EDOCODEとしてスタートしてからは、もっと最新技術を使ったエンジニア発の実績が出せる会社にしたいですね」

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。