ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅の達人が沖縄・竹富島の桟橋をすすめる理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「JALPAK YOUR FAVORITE RESORT」。10月30日のオンエアでは、沖縄の離島、竹富島の魅力をお伝えしました。

沖縄本島より南に位置する石垣島。そこからさらに、高速船やフェリーに乗って竹富島へ。降り立った小さな離島は、まばゆい光に溢れています。サンゴ礁に囲まれたコバルトブルーの海、真っ青な空。咲き乱れるハイビスカスやブーゲンビリアは、自然からの贈り物です。

石灰石を積み上げた塀や、民家の赤い瓦屋根など、八重山の伝統が島の人々によって、大切に受け継がれています。島の中央から放射状に延びる白砂の道は、サンゴを砕いて敷き詰められたもの。真っ白な道に日差しが反射して、島の景色は一層、輝きを増します。水牛が引く車に乗って集落をめぐることもできますよ。

そんな竹富島の魅力についてさらに知るべく、地球の歩き方ムック『沖縄の歩き方』の編集長、植木孝さんに、おすすめのスポットを伺いました。

●西桟橋
「青い海に『西桟橋』という白い桟橋が突き出していて、その先には西表島が見えます。かつて西表島では稲作をしていて、竹富の人々は農業をするために船で渡っていました。そのために作られた桟橋で、今は使われていませんが、そこへ行くと『島に渡ってきたなあ』という気になります。島の西側にあるので夕陽もきれいに見えますよ」(植木さん、以下同)

ちなみに、映画やドラマなどの撮影でもよく使われているそうです。

●ハーヤなごみカフェ
街のほぼ中央に「なごみの塔」という見晴らし台があり、その裏側にあるカフェです。窓が大きく作られていて、高台にあるため見晴らしが良く、竹富島の民家の赤い瓦が見渡せます。

「スイーツなどいろいろなメニューもあり、さたくんこう(サーターアンダギー)、さみ餅(月桃の葉でくるんで蒸した餅)がおすすめ。個人的にはハイビスカスティーも好きです」

魅力いっぱいの竹富島、皆さんもぜひ旅行のプランとして検討してみては?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP