体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「憎悪が人を殺す」妻の突然の死!あまりに賢く、感受性が強すぎる不幸な人

エンタメ
genji-22

心が通じ合ったと思ったのも一瞬、源氏の正妻・葵の上は急死します。今回は葵の上の死後の源氏の意外さや、死の原因となった六条御息所(以下、六条)の魅力について紹介しましょう。

妻の死を悲しむ源氏を「意外」と見た人物

葵の上の死は、皆が「もう大丈夫」と思っていた矢先の出来事でした。源氏や左大臣が帰宅したとき、邸の中は女たちの混乱と泣き声に満ち満ちていました。

生き返るかもしれないという期待を込め、数日そのまま様子を見るも、死相があらわれるばかり。夜通しかかって盛大な葬儀が営まれます。

左大臣は立ち上がる気力もなく、「年老いて若い娘に先立たれるとは…」とよろめいて泣いています。母親の大宮は枕も上がらず、寝込んだきり。愛する娘に先立たれた親の悲しみはあまりにも大きなものでした。

源氏も人の死に立ち会うのは2回目。夕顔が死んだときも大ショックでしたが、今回は物の怪騒動の忌まわしさも手伝って、いよいよ生きているのが嫌になりそうでした。

夫婦は一生もの、先は長いとばかり思って大切にしてあげられなかった。どうして浮気をして、彼女を苦しめてしまったのだろう。結局、妻は心を開くことなく逝ってしまった…」

優しくない、思いやりがない、堅苦しくてつまらないとあれだけ文句を言っていたのも、生きていればこそ。

仲の悪い夫婦が一方に先立たれたあと、残された方が意外にも相手を恋しがっている…というケースを筆者も実際に何組か見ましたが、夫婦の絆は不思議なものです。

源氏がこれほど葵の上の死を悼むのを、やはり意外な思いで見ている人物がいました。葵の上の兄、頭の中将です。源氏の部屋に毎日来て、話し相手をしています。義兄で親友の訪問はありがたい限り。あの恋のレジェンド、源典侍の面白話には源氏も笑うことがありました。

秋も深まり、霜枯れの庭には時雨が降りかかります。「煙となって天に帰った妻は、この雨や雲になったのだろうか。今ではそれもわからない…」。源氏の独り言に、頭の中将は(ああ、もし自分が女で、この人を残して先だったら、魂が残ってしまうだろうなあ…)

頭の中将は、源氏と葵の上は桐壺院や両親の思惑で結婚した、形ばかりの夫婦だと思っていました。ここへ来て源氏が妹を愛していた、ということを初めて知ります。源氏自身も、もしかしたらはっきりと自覚していなかったのかもしれません。

愛人にも手を出さず……殊勝な源氏の四十九日

源氏は左大臣家の人以外では、朝顔とのみ手紙をやり取りし、心の慰めとします。朝顔は恋愛となると冷たいが、ここぞというときには繊細な共感を寄せてくれる感性の持ち主です。源氏はここを高く評価しています。

また、左大臣家で、ずっと愛人にしていた中納言の君という女房には、喪中は手を出さず、おしゃべりの相手として接します。

左大臣家の源氏のお手つきの愛人は、中将の君、中納言の君、など紛らわしいです。重要なのは、葵の上を差し置いて源氏の寵愛を受けていた、ということで、大宮から厳しく叱られて、とても肩身の狭い中でお屋敷勤めをしていたということ。いっそ辞めようかと思いつつ、源氏に会えないのも辛いので我慢している、という描写が末摘花の話に少し出ています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会