ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【緊急調査】運転中のポケモンGOで命を落とす交通事故 / 運営会社に責任ある? 日本国民アンケート調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

愛知県一宮市で、川合信右容疑者(36歳)がトラックを運転しながらアプリゲーム「ポケモンGO」をプレイし、ブレーキすらかけずに小学4年生の男児を轢き、5メートルほど引きずられて命を落とした事故。あまりにも痛ましすぎるそのニュースは全国で報じられ、日本中を悲しみに包んだ。

・運転士中は一切操作が出来ない対策
川合信右容疑者は、助手席に「ポケモンGO」を起動させたスマホを置いて、チラチラと見ながら運転していたという。亡くなった男児の父親は「これ以上の犠牲を出さないように車に乗ったら一切操作が出来ない対策をとって欲しい」と報道陣にコメントをしている。

・運転中でもプレイが可能な状態
事故発生の前から、「ポケモンGO」の運営元であるナイアンティック社は事故防止の対策をとっていた。

運転中のような動きをしているプレイヤーを感知し、運転者であるか否かを確認するメッセージを表示させていたのだ。しかしスマホをタッチすればメッセージに対して嘘をつくことができ、運転中でもプレイが可能な状態だった。

・世間はどのように考えているのか?
今回の事故をふまえ、合計1500人の日本在住者に対して大規模なアンケート調査を実施。以下の「ポケモンGO」に関する3つの題に対して、考えや意見を教えてもらった。

・ポケモンGOは運転中に使用できないシステムを導入するべき?
導入の必要あり 249票 (49.8%)
導入の必要なし 251票 (50.2%)
※計500人

「そんなの無理だわ。速度制限はついてるけど。運転席と助手席で分けられないし」
「Googleのテクノロジーをもってすればそれも可能」
「そのような必要は、ありません。使う側の人間の問題ですから」
「起動後5分以上静止もしくは低速で移動しないと操作不能」
「スマホ自体を操作できなくすべき」

・ポケモンGOに運転中に使用できないシステムが導入されると思う?
導入されない 325票 (65%)
導入される 175票 (35%)
※計500人

「運転中に、使う人間が悪いです」
「速度で判断だと、電車・バス・タクシーでも利用不可になるのかな」
「全ての移動に対して使用を制限することは仕様上無理」
「シューティングゲームじゃねえんだから高速で移動しながら捕獲しようとすんな」
「運転手だけ規制とか無理」
「やってるのが中高年中心という」

・ポケモンGOの運転プレイで男児が命を落とした事故は運営に責任ある?
責任はない 305票 (61%)
責任はある 195票 (39%)
※計500人

「100%無い。責任転嫁すべきじゃない」
「ゲームの特性から見て予期できる事ではあったし、全く責任が無い事は無いと思う」
「法的な賠償責任となると判断できないが、見舞金くらいは出ても良い」
「運転中にゲームやるとか普通の神経じゃありえない」
「ポケモンは移動しながらのプレイが超有利なのがね。同じナイアンテック社のイングレスは止まらないといけないのに」

・本当に運転していないプレイヤーなのか?
多くの人たちが「運転中に使用できないシステムを導入すべき」と考えているものの、実際は「そんなシステムは導入されないだろう」と思っていることが判明した。

本当に運転しているプレイヤーなのか? 逆に本当に運転していないプレイヤーなのか? それをスマホアプリが明確に判断するのは難しいと考えているようだ。

・約4割の人たちが「責任はある」
「ポケモンGO」を運営するナイアンティック社に事故の責任はないと考えている人が多い結果となったものの、約4割の人たちが「責任はある」と考えており、「全責任ではないものの事故を生んだ原因のひとつ」と考えているようである。

皆さんは、今回の事故でどのようなことを感じただろうか。責任の所在、そして事故防止の対策、今後も考えていかなくてはならない部分なのは間違いない。ちなみに、以前から「ポケモンGO」を駅のホームで遊んでいる人が多く、非常に危ないので注意喚起がされていた。

もっと詳しく読む: 運転中のポケモンGOで命を落とす交通事故 / 運営会社に責任ある? 日本国民アンケート調査(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2016/10/30/pokemon-go-jiko/

※写真はイメージです

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP