ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy A7(2017)は前後に1,600万画素カメラを搭載か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Antutu アプリの提供元が Galaxy A7 の第三世代モデルとなる「SM-A720F」のスペック情報を公開しました。2014 年冬にローンチした Galaxy A シリーズは、アルミフレームを用いた薄型ボディと AMOLED パネルを搭載したのが特徴で、同シリーズは既に 2 代続いており、3 代目に突入しようとしています。今回の SM-A720F は比較的大きな Galaxy A7 の 3 代目と見られており、Antutu が公開した画像によると、フル HD ディスプレイ、Exynos 7870 オクタコアプロセッサ、3GB RAM、64GB ROM、前後に 1,600 万画素、Android 6.0 を搭載しています。前作からだと、プロセッサが新しくなり、前面かメラが大幅に強化されています。また、ROM の容量も増えたようです。Source : Weibo

■関連記事
節電アプリ「Greenify」がv3.0にバージョンアップ
Android TVの「Live Channels」アプリを利用したDVRの番組録画のデモ動画
Sony MP-CL1AでMacBookのマルチモニタ環境を構築

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP