ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べ過ぎた翌日に2kg増!?そんなときの「食べ過ぎリセット3か条」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


食べ過ぎたと反省した翌日、体重を測ってみるとなんと1kg〜2kgほど体重が増えてしまっていた!なんてこと、ありますよね。大丈夫。増加した体重は体脂肪ではなく「水分」。上手にリセットすれば太ることはありません。

食べ過ぎた翌日に増えた体重の正体は・・・

食べ過ぎたことを後悔した上に、体重がガッツリ増えていると落ち込んでしまいますが、まだ消化・吸収途中であったり、エネルギーとして消費できるかたちに蓄えられていたりする段階。すぐに体脂肪になってしまうわけではありません。

食べた分のエネルギーを消費しさえすれば、体脂肪はそのまま、体重は元に戻ります。食べ過ぎてしまった翌日は嘆くのではなく、疲労した内臓をいたわり、エネルギーを消費できる状態に整えましょう。

食べ過ぎリセット3か条をご紹介します。

その1:食事は無理に食べず、ビタミン・ミネラル・スープを取り入れて

食べ過ぎた翌日は、内臓が疲弊しています。体内のはたらきが活性化していないとエネルギーをうまく消費できません。まずは消化・吸収のはたらきをサポートし、代謝を高めるビタミンやミネラルの補給を優先しましょう。

ただし、胃がもたれているのに無理やり食べる必要はありません。無理のない範囲で食べましょう。次の日の食事量が減ることで(不足しては逆効果ですが)リセットしやすくなります。

ビタミン・ミネラルが豊富なのは野菜や果物。内臓を温めることではたらきを高めることができますから、野菜たっぷりのスープや果物がおすすめです。

その2:いつもより運動量を増やそう

食べ過ぎた分を何もせずになかったことに・・・なんてわけにはいきません。いつも電車に乗っている時間のうち1駅分だけは歩くなど、工夫して運動を取り入れましょう。身体を大きく動かすことで体液循環が整い、むくみの改善や代謝アップ効果が期待できますよ。

その3:「水」をしっかりとろう

水分が不足すると酸素や栄養素、老廃物の流れが滞ってしまいます。代謝を高めるためには、コーヒーやジュースなどではなく「水」をしっかり摂取することが大切です。


たった1回食べ過ぎたからといって次の日から体型が変わってしまう、なんてことはありません。落ち着いて、身体をいたわる生活に切り替えましょう。代謝を高めることで、リセットしやすくなりますよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

もうリバウンドしない!体幹と筋力UPのための強度別ヨガポーズ3つ
寒い時期の便秘に!たまった老廃物をどっさり流す方法
B型は相手を否定する!?血液型別「私が結婚できない」ワケ
快適&オシャレキープできる「衣替え」のコツ3つ
超低カロリーな肉料理ができる!「氷こんにゃく」の作り方と活用術

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP