体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マニラのおすすめ観光スポット17選

「ハロハロ」とはフィリピン語で”まぜこぜ”という意味です。フィリピンの首都マニラはまさに「ハロ」な街。

行き交う人や車のクラクションの音が飛び交い、陽気で賑やかな熱気に包まれた南国の大都市の顔を持ちながら、一方でスペイン統治時代の優雅な面影が街のそこかしこに残っています。

そんなマニラの魅力を満喫できるおすすめスポットを紹介します。

*編集部追記
2016年2月に公開された記事に、新たに追記しました。
2016年10月に更新された記事に、新たに詳細情報とスポットを3ヶ所追加しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

マニラに行ってみての感想

photo by pixta

私がマニラを訪れたのは冬の季節でした。冬であっても気温はやはり南国らしい暖かさで、過ごしやすいなと感じた覚えがあります。マニラは大都市で人も多く、交通量も膨大で、街を歩くと常に多くのクラクション音を聞きました。

東南アジアらしいカオスさがあり、人は懐っこく、温かみがありました。フィリピンは比較的英語が通じますが、それでもやはり国民全員が話せるわけではありません。

貧富の差が激しいので、家が裕福で高等教育を受けた人はネイティヴのように流暢に話せますが、そうでない人は現地の言葉しかわからない場合もありました。
 

観光する際のアドバイス

photo by pixta

フィリピンの治安はあまり良くありません。銃の所持が許可されているため、街中でも銃を持っている人をよく見かけます。例えば普通のスーパーやショッピングモールでも、入り口には銃を持ったガードマンがいます。

先ほども述べたように貧富の差が激しいので、路上で生活している人も多く、物乞いやお金を求めてくる子どももいます。犯罪に巻き込まれる可能性も高く、私の友人は睡眠薬強盗に遭い、ATMから20万円ほどのお金を引き出されました。

物価は非常に安く、外食も100円〜300円程度で済むことが多いです。食のバラエティーはタイほど多くなく、基本的に肉料理が多い印象です。

衛生面はあまり良くなく、ネズミやゴキブリなどもよく見かけました。路上にゴミが溜まっている場所もあり、公共の場での衛生面はまだまだ良くないと感じることが多かったです。
 

おすすめのベストスポット

photo by pixta

マニラのおすすめベスト観光スポットといえば、やはりサン・アグスティン教会!世界遺産に登録されたフィリピン最古のバロック様式の石造教会で、その規模や重厚感は、ヨーロッパの有名な教会と比べても引けを取りません。

フィリピンの人々は信仰深く、周辺の都市からわざわざお祈りに来る人も多いです。
 

カサ・マニラ博物館

カサ・マニラ博物館

photo by Jorge Láscar

スペイン統治時代の邸宅を忠実に再現し、内装、家具、調度品、絵画などが展示されていて、当時の上流階級の人びとの暮らしをかいま見ることができます。

館内にはレストラン、ホテル。骨董品店、ハンディクラフトショップなどがあります。
■詳細情報
・名称: Casa Manila Museum
・住所:Gen. Luna St.Intramuros
・アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分。サン・アウグスティン教会のすぐ向かい側にあります。
・営業時間:9時〜18時
・定休日:月曜日・祝日
・電話番号:02-527-4084

1 2 3 4 5次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy