ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

考え方が大切!人間関係の悩みが劇的に解消するポイント3つ

  • ガジェット通信を≫


近年、人間関係の悩みを抱えている人が増えています。「友達が少ない」「人と会うのがめんどくさい」「自分は嫌われているのではないか」このような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

人間関係に悩んでいる人にとって、問題は自分の周囲にある環境であると考える人が多いかもしれません。

しかし、人間関係の悩みで最も大きな要因とは、実は自分の思考に隠れているのです。

そこで、人間関係の悩みを楽にする考え方を、ご紹介します。

要チェック項目

□人間関係の悩みの原因は自分の考え方にある

□嫌われる勇気をもつことが大切

□友達がたくさんいる=幸せではない

「適当」でいいと思うこと

人間関係に悩みやすい人の大きな特徴のひとつが、完璧主義であることです。

そう指摘されると、「自分は完璧だなんて思っていない」と思う人が多いかもしれませんが、実はその「完璧ではない」という思考こそが、完璧主義である証拠なのです。

完璧でないということは、どこか欠如している部分があるということ。その状態で人と接することに、ストレスを感じるのです。

「相手を喜ばせなければならない」「相手に認めてもらえる自分でなければならない」

そう無意識のうちに考えていることが、人間関係の悩みを招いている可能性があります。

まずは自分の完璧主義な部分を受け入れて、いい意味で「適当」に考えることを意識しましょう。「適当」とは「適切に当たっている」という意味。決して悪い意味ではないのです。

人は人、自分は自分ということを忘れない

「人は人、自分は自分」と切り離して考えることが、人間関係の悩みが軽くなるポイント。

人間関係に悩んでいる人の多くが、自分と他人を混同してしまっています。

人と自分に違いがあることに不安を覚えることはありませんか?

人と自分との間に違いがあると、まるで自分が間違っているかのような不安な気持ちにかられたり、置いてけぼりにされたかのような孤独な気持ちになったりすることがある人は多いのではないでしょうか?

確かに、人と一緒だとそれだけ嬉しいし、安心感もあります。しかし、自分と相手が違うのは当たり前のこと。一致することの方が実はとても珍しいことなのです。

そしてそうした違いがあるからこそ成り立っているものがたくさんあるのです。他人との違いを怯えずに受け入れて、「一緒じゃなくていいんだ」と気づくことこそが、人間関係のなやみ解消に繋がります。

嫌われる勇気を持とう

人間関係に悩んでいる人は、人に嫌われることを恐れている人が多くいます。これは、「相手の気持ちになって考えなさい」「人の嫌がることはしてはいけません」と教えられてきた人に多い傾向にあります。

そう教えられて育った人は、相手の気持ちばかり考え嫌われることをさけて、自分の気持ちを無視することが多いから、人間関係に苦痛を感じるのです。

実際は、自分が好きなものを相手が必ずしも好きなわけではないし、自分が嫌いなものを相手が嫌いなわけではありません。相手の気持ちは相手にしかわからないのだから、相手の気持ちばかり考える必要はないのです。

他人のものさしではなく自分のものさしを信じて、時には嫌われても良いという気持ちでいることで、人間関係の悩みがグッと減ります。

友達が多ければいいというわけじゃない!

近年SNSが普及したことにより、誰がどのような人とどれくらいのお付き合いをしているかも目で見ることが出来るようになりました。そんな環境から増えてきたのが、「自分は人友達が少ない」という悩みです。

SNSを見ると、友達の人数までも数字として表され、交流の模様もみることができてしまうため、つい人と比べて悩んでしまう人が増えているのです。

この悩みを抱く人には、「友達はたくさんいた方がいい」という考えが根底にあります。しかし、実際には友達の人数が多いかどうかは関係ありません。

友達が多くても、浅はかなお付き合いしかしていない人もいれば、実は嫌われている人だっています。そのため、人数ではなく、今いる友達とどれだけ濃密な関係が築けているかの方が大切であるといえます。

また、人数ではなく、その人が交流関係に満足しているかどうか、幸せを感じられているかどうかが最も重要です。極端に言えば、友達が一人しかいなくても、その人が幸せであればそれでいいということです。

つまり、友達の多さが善ではないということに気づいて納得できた人から、幸せになることができ、人間関係の悩みからとき離れることが出来るのです。

人間関係にとらわれすぎない

人が生きていくうえで、人間関係は切っても切れないものです。しかし、その人間関係だけにとらわれれた考え方をする必要はありません。

人間関係ばかりに目を向けず、趣味や仕事・習い事・資格など、自分を高めるものに目を向けてみましょう。すると自然と同じ感覚を持った仲間が集まることがあります

小さな幸せを見つけることが重要

生きていくうえで、人間関係の悩みはつきものです。しかし、考え方ひとつでその悩みは軽くもなるし重くもなります。人間関係の悩みから開放されるには、今ある生活や環境のありがたさに感謝をして、小さな幸せを見つけることが重要であるといえます。

人間関係にもう悩みたくない! そう思ったのであれば、まずはこれらの思考を実践してみてください。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

生きる意味を見失う時は精神疾患かも? ストレスがおよぼす心身への悪影響
義務化されているストレス診断の内容とは? 企業と従業員のメリットとデメリット
微熱の定義は何度から?微熱が長く続く場合に疑うべき身体の異常

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP